愛知の石場建て

石の上に立ち、大工の手刻みと土壁による「民家」。
ボルト・アンカーなど金物は使わず、伝統的な工法作りました。
100年・200年と持つ、日本の建築です。

  • 2139
  • 20
  • 1
  • いいね
  • クリップ

石場建て 木組み 土壁 の家

お施主様のご要望は、瓦葺きの屋根、柱梁現しの真壁、大工の手刻みによる木組み・土壁で作る 伝統工法の民家。
しなやかな木組みと、粘り強い土壁を生かす為、足元は石場建てとし、構造の連続性を持たせた。

石場建てとは、土台を敷いて柱を立てるのではなく、礎石の上に柱を立てる工法。アンカーボルト固定もなく、建物は地震時に自由に動く。
田の字の平面に、五寸の通し柱が11本、主要な通りは八寸の差鴨居と足固めで差固めた。
接合部は、木のめり込み生かした 差し物や渡り顎 など伝統的な仕口で、筋交いや金物は使用していない。
建築基準法の仕様規定を満たしていない為、限界耐力計算を用い、極稀地震時には安全限界変形角1/20以下とした。

伝統工法(真壁)の優れている点は、柱や梁や足元の構造が現しである為、構造は空気に触れて長持ちし、維持管理が容易である事。
また、表面だけでなく内部まで(設備機器やサッシ等を除く) 木と土と石などの素材 だけからなり、真に自然に従った建物である事。
現在、古民家と言われる伝統的な建物と同じ構造であり、時間によって磨かれ深みを増し、100年後200年後には、本物の民家となる建物である。

足元は開放して風を流す。耐久性は、白蟻にも耐えてきた古民家が証明している。
柱や梁がすべて現しの中外真壁は、構造の点検・修理が簡単。家を長持ちさせるには、強さよりも維持管理ができる事の方が大切です。
妻壁の一階部分は、雨侵入防止の為、板貼り。壁は無断熱。
表面だけでなく、内部から自然の素材で作られた家は、時間とともに深みを増す。汚れるのではなく、古くなる。
外周部は差し鴨居が回り、真壁の仕上げは漆喰塗り、腰は洗い出し。
床下は、ご覧の通り抜けている。柱は石の上に建っている、固定していないので、地震時には自由に動いて地震力を逃がす。
  • 2139
  • 20
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

「木組み 土壁 石場建て」で職人が作る「伝統工法・和風建築」を手掛けています。自然 素材と謙虚に向き合い、「心地よい木の家」を目指しています。心地よい自然 素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード