日本人はやっぱり畳!畳の種類と張替えのススメ!

  • 1826
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

日本人はやっぱり畳

最近では新築物件に畳がない物件が増えているそうですが、やはり日本人といえば和室に畳です。畳の匂いというのは心を安らげてくれる効果がありますし、床材についてはフローリングよりも日本人には畳との相性が良いのです。しかしながら、長年畳を使っているとささくれだってくることも事実です。年月が経つと見た目も悪くなりますし、あちこちがささくれだつとい草もそこら中に散らばりますし、いくら掃除をしてもキリがありません。そこで十年程度経ったものは畳の張替えを検討するとよいでしょう。

畳の種類もいろいろいある

また、畳の種類についても色々と考える必要はあります。実は今は技術の進歩によって、本物の畳に似せたプラスチック製の畳もあるのです。プラスチック製の畳の最大のメリットは、年月が経過しても畳がささくれ立たないことにあります。やはりい草を使った畳はどうしても経年劣化によってい草が飛び出て散らばってしまうので、見た目も掃除も大変になってくるわけですが、このプラスチック製の畳であればそうした心配はありません。しかも畳独特のにおいに関しても再現している製品がありますから、こちらを検討するというのもありだと思います。費用面に関してもい草の畳よりも格安ですし、コストパフォーマンスにも優れています。

後悔しない畳の張替えをしよう

いずれにしても畳の張替えを検討している人は、十分に下調べをする必要があるでしょう。畳の張替えは水回りのリフォームなどに比べるとそれほどお金がかかるわけではありませんが、無駄な出費や張替え後に後悔だけはしたくないですから、よく考えて行動をしましょう。私の親戚の新築10年近く経った一戸建てで和室のリフォームを行いましたが、畳の張替えに関しては思い切ってプラスチック製の畳にしました。掃除も快適になりましたし、何より部屋がきれいで落ち着きますよ。


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 1826
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリア関係のことやリフォーム関係のことをご紹介したいと思います。

おすすめのアイデア

話題のキーワード