あちゃぁ〜、裾がこんなことにぃ〜〜

ジーンズ修理

  • 3829
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

裾を踏んだり、長いまま履いていて擦れてしまったりするとこんなことになっちゃいます。

このような場合、本当に困ってしまうのが、長いからといって、ギリギリのところでカットして、裾直しをしてしまうと、どうしても、長さが、3センチくらい短くなってしまったりしてしまいます。

かといって、このまま履くわけにもいかないし・・・

そんな時、はなくなってしまった布を足して、ご自身のジャストな位置で裾直しします。

今回のオーナー様の場合、一番穴の深い部分がジャスト位置ということで、そのように布を足して、裾直しをします。

なお、この場合、裾の長さを変えずにと言うご依頼が来るのですが、

できないことはないのですが、直した後、また、そこを擦ってしまったりして、穴が開いた場合、
再度の穴補修は、場所によっては不可能になりますので、裾の痛まない部分までの裾直しを
一緒にしていただいております。

基本的には、穴補修と同じ作業になります。

今回の場合、実際たす部分って、この程度なんですよね。

できる限り、同じ色にしたいのですが、今回は、なくて、
その代わり、同じ生地があったので、そちらを使用しました。

それは、それで意味あるんですよぉ〜(笑)。

今回は、仕上がりの部分がよかったので、すっかり当て布部分が隠れます。

全てが、うまく裏に行くということもないのですが、
今回は、うまくいきました。

このような説明では、わかりかねる部分も多いかと思われますので、
そのような時は、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

お問い合わせは
happy@rant-rave.net
まで。

  • 3829
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

修理・補修

ジーンズ修理の専門店。東京中目黒にて、ジーンズの穴補修や、チェーンステッチでの裾直し、ジーンズ関連での修理を専門的に行っております。また、リメイクジーンズや、ジ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード