加熱時間15分、2鍋使いで美味しいアンかけ丼

とろ~っとした豆腐アンとジェノベーゼで真空調理した柔らかい豚とで丼!
会社から帰ってから、夜納品に出かける主人がササッと食べれる様に
胡麻つゆでコクっとした味の豆腐あんと、
ジェノベーゼでちょっとイタリアンな豚との
ミスマッチな様でいて相性の良い組み合わせ!
食べやすくって、ヘルシーでありながら栄養があって美味しいを考えた
そんな「ジェノ豚豆腐あん丼」のご紹介です。

  • 2936
  • 24
  • 1
  • クリップ

ジェノ豚豆腐あん丼 どうぞ

いつもの通りオリジナルなので、名前がイイカゲンなのはご容赦ください(笑)

短時間でできて簡単なのに、ちょっとごちそうの丼!
いつもと違う丼も、またいものです。
寒くって縮んだ体に浸み割ったって行くような熱々は、
もうそれだけでゴチソウですよね♪

ブタ肉

ブタはね! 普段行かないスーパーに行ってみたのですが
(まぁ、いろんな物が高すぎる高級店。場違いなので帰ろうかと思って
 とりあえずお肉コーナーを見たら大好きな文字発見!)
「本日のお買い得品」 この言葉!ステキ!

ステーキやトンカツ用のロース肉、  1パック、2枚で163円!
思わず、3パック買っちゃいました。(使わない分は冷凍しました)



スジを切って柔らかく

・トンカツ用ロース肉、2枚
周りを取り囲む脂の付け根のスジを切って、繊維に垂直に庖丁を突き刺して
加熱しても硬くならないように配慮します。

ブタ肉のタレ

ボールにタレを作ります
・ジェノベーゼソース、大さじ1.5
(市販品でも良いのですが
作りたい方はここ http://ameblo.jp/oyashironoura/entry-11912973623.html
もしくはここ   http://ameblo.jp/oyashironoura/entry-10977092750.html)
・塩、小さじ1
・三温糖、大さじ1    しっかり混ぜて
・スジ切りしたブタ肉 を揉み込みます。

簡単に真空にする

ジップなどのしっかりと密閉できる耐熱のビニールに入れて
ゆっくりと水に沈めて水圧で空気を抜いて
空気を残さない様にピタッとジップします。

鍋に入れて加熱

しっかり沈む様に水を張って中火で火を入れます。

そうです。使ってるお鍋は最近お気に入りの 圧力調整鍋クックレインボー
熱伝導が良く、圧力調整できるお鍋なのです。

クックレインボーが無い方は、フタの重たいお鍋でも対応できます。
が!
良いお鍋が欲しいとお考えの方にお知らせです!(o^-')b
2016年9月15日より『ダーリンのつまのLIMIAを見た!』 と、お伝え頂くと
ご購入特典が受けられます!
(特別特典については、お問い合わせしてみてください。他では受けられない特典です。)
下記ファックス、電話、メールでのお問い合わせのみでとさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。
FAX 045-914-743・フリーダイヤル 0120-099-253 ・メールinfo@cookrainbow.jp
(お問い合わせ窓口担当:五十嵐(いがらし) まで)

圧力調整

圧力調整のできるフタのメモリを、ほぼ圧力と蒸気を逃さない設定の『0』に設定
沸騰してから15分中火で加熱して、「火を止めてそのまま冷めるまで放置」
(お風呂くらいの温度の場ればもう大丈夫)
これで、トッピングのお肉は完成になる訳なんです。

簡単でしょ~♪
写真が有ると工程が沢山のようですが、
スジ切って揉んでビニールに入れてお鍋に入れるだけです!

あんを作る

ブタ肉とほぼ同時進行で、ご飯にかける「あん」を作りましょうね。

『あん』ですからトロミが必要です。!
なので、片栗粉は先に水溶きにして粉をしっかりと水に浸しておきます
(・片栗粉、大さじ1.5弱+・水、カップ半分弱)

このお鍋もクックレインボー! ごはん鍋の小 なんですが
ソースやあんを作るのにもとっても良い大きさなんです。
フチが高いので飛び散らなくてコンロが汚れませんからとっても楽♪

・胡麻油、大さじ1   をいれて、中火の弱火にかけて
・ショウガ、大1カケ 皮ごと千切り    を、良い香りがしてくるまで炒めて


・エノキ、1株    石づきを外して3㎝程度に切って
下半分のかたいところだけ、先にしんなりするまで炒めて
・水、カップ2.5 を入れて

極上海鮮だしやすまる

・極上海鮮だしやすまる、1包
(まだこのお出汁がお手元に無い方は、 カツオ出汁顆粒小さじ1+昆布出汁顆粒、小さじ半分
    で代用できますが、天然出汁の深みと奥行きは やっぱりこのお出汁が美味しいです)

青い丸が目印のこの、8種の海の幸を乾燥粉砕した「極上海鮮だしやすまる」ですが、
もう味が付いているので
お湯と一緒に沸騰させるだけで、美味しいうどんつゆができるんですよ~♪
(単身赴任のお父さんも喜ぶ手間なし簡単無添加健康!)
やすまる出汁の情報: http://www.shop-takahashi.jp/

・切っておいたエノキの頭のやわらかい方   も入れて
・絹ごし豆腐、1丁    1㎝のさいの目に切って入れて
中火の弱火で加熱します。

・胡麻つゆ、大さじ6
(白炒りゴマ、大さじ5・白ゴマペースト、大さじ1弱
 ・水、大さじ3・美味しい麺つゆ、カップ1.5で作りますが)
詳しい作り方は: https://limia.jp/idea/60792/

・先に水に浸しておいた水溶き片栗粉   を、よくかきまぜて
お鍋に入れてすぐにシッカリとかき混ぜて、中火の弱火で沸騰して来たら
フタを外したまま5分はシッカリと沸騰です! これでアンも完成~♪

※水溶き片栗粉の粉がシッカリ水分を含んでふくらんでいなかったり
 沸騰時間が短いと、冷めて来ると水戻りしますので、注意です。

ジェノ豚

お風呂くらいの温度に冷めた豚肉のお鍋から、ビニールごと取り出したのがこちらです!
ブタからの余分な水分も出ていますからハムの様になっています。
(このまま冷蔵庫保存で3~4日おつまみとしても大活躍!)

はい♪手間なしで美味しい豚さんができました。
この仕上がったジェノ豚を、袋から出して、ななめそぎ切りにします。

盛り付ける

温めたドンブリに
・熱々ご飯   を、よそって
・作った豆腐あん  を、たぁ~ップリとかけて♪

あんの上に、
・きざみネギ 乗っけて
・切ったジェノ豚 乗っけて
夕日のように赤い
・紅ショウガ  乗っけて

お待ちどうさまです。 ジェノ豚豆腐あん丼 の、できあがりです。

実食

やわらかくって、ちょっと洋風なブタは、和風の味のアンとも絶妙に合います。

このジェノ豚だけをつまみにしたいからと、リクエストされました♪

キノコの旨みと出汁が効いて!めっちゃコクがある!
色白ですが、アッサリしてると思ったら、
塩分は濃いくないけど深いんです。ご飯にとっても良く合います。

寒い日の晩ごはんにも、
夜食にも思ったよりヘルシーで大満足なドンブリです。

トッピングのジェノ豚は
作り方も簡単で、ちょっとしたお酒のアテに喜ばれますから、
パーティのオードブルにも大活躍です。
みんなが集まる楽しい食事も多くなる季節。いろいろ活用してみてくださいませ♪

  • 2936
  • 24
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード