月桂樹(ローリエ)の育て方を解説!害虫対策もあわせて紹介!

太陽神アポロンの木として、ギリシャ神話にも登場する月桂樹(ローリエ)。勝利や栄光を象徴する樹木として認知され、素材の臭み消しの香辛料としても使われています。そんな月桂樹は、自宅でも十分に栽培が可能な植物。月桂樹の育て方を始めとして、その楽しみ方を紹介します♪

  • 16810
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【目次】
・月桂樹(ゲッケイジュ・ローリエ)とは
・栄光・勝利の象徴月桂樹は縁起の良い木!?
・漢方薬としても使われる月桂樹、その効果や使い方は?
・月桂樹の花は?実はなるの?
・月桂樹の育て方
・月桂樹は害虫がつきやすい樹木
・まとめ

月桂樹(ゲッケイジュ・ローリエ)とは

地中海を原産地とする月桂樹(ゲッケイジュ・ローリエ)は、クスノキ科ゲッケイジュ属の常緑性高木。日陰でもすくすくと育つ強い生命力を持ち、初心者から上級者まで、広く栽培を楽しまれている植物です。

月桂樹の学名はLaurusですが、この語源は緑という意味を持つケルト語の「Laur」で、つややかな緑の葉を持つことから名づけられました。日本語では月桂樹ですが、英語圏ではベイリーフ、フランス語ではローリエ、スペイン語ではローレルなどと呼ばれており、国内でもこれらのすべての名称を耳にすることがあります。

月桂樹が日本国内に普及したのは明治時代の初頭で、日露戦争に勝利したことを記念して、東郷平八郎が「勝利」の象徴である月桂樹を日比谷公園に植えた史実から、国内に広まったようです。

大きなものでは樹高10メートルを超えるまでに育ちますが、刈り込むことで好みの樹形に整えることが可能。そのため、垣根や生垣などに使われることも多く、また強い香りを持つ葉を乾燥させたものが、香辛料として料理に使われるため、庭木として植えられたものを見かける機会も多いようです。

栄光・勝利の象徴月桂樹は縁起の良い木!?

オリンピックやスポーツの大会などで、勝者に緑の葉で作られた冠が授与されるのを目にしたことがあるのではないでしょうか。これは、月桂冠(げっけいかん)と呼ばれ、月桂樹の葉で作られたものです。

月桂樹は古代ローマの時代から神の木と崇められ、戦績を挙げてローマに戻る英雄が月桂冠をかぶったり、月桂樹の枝を神に捧げたりしました。そのため、月桂樹は現在でも栄光、勝利を象徴し、縁起の良い木として広く愛されています。

こうしたエピソードから、月桂樹の花言葉は「栄光」「勝利」「輝ける未来」であり、それにあやかろうと庭木に採用する人も多いようです。

月桂樹の花は?実はなるの?

月桂樹には雄木と雌木があり、一見しただけでは区別がつかないほど、その姿はよく似ています。雄木、雌木ともに春になると花を咲かせますが、雄木は黄色、雌木は白い花をつけるのが特徴です。秋になると雌木は黒い実をつけます。しかし、日本に入っている月桂樹の多くは雄木で、雌木が実をつけた姿は滅多に見ることがありません。

ギリシャ神話には、エロスのいたずらで報われない恋に翻弄されたアポロンのダフネのエピソードがあります。ダフネはアポロンの愛を受け入れられず、月桂樹になってしまうのです。この切ないエピソードから、月桂樹の花には「信頼と不信」の花言葉があります。

月桂樹の育て方

月桂樹は大変生命力の強い木で、土質を選ぶことなく定着し、枝葉をよく広げます。とても良いイメージがあるうえに料理に使えることから、庭に月桂樹を植えたいという人も多くいます。また、月桂樹は鉢植えでも育てることが可能です。月桂樹の育て方について、まとめてみましょう。

• 鉢植えの場合は大きめの鉢に植えつけを
月桂樹はとても生育が盛んな木で、環境が合えばどんどん大きく育ちます。そのため、鉢植えにする場合は、成長を見越してふたまわりほど大きな鉢に植えておくと良いでしょう。それでも鉢の中で根が張ってきたら、春先の時期を選んで、さらにひとまわり大きな鉢に植え替えます。

• 水やりは控えめに
苗を植えつけたばかりの若木では水やりも必要ですが、成木になって定着すれば、露地植えの月桂樹に水やりは必要ありません。植えつけから2年以上経っていれば、水やりは不要と考えて良いでしょう。

鉢植えの場合は、成木でも水やりを行います。とはいえ、月桂樹への水やりは控えめでOK。鉢土の表面が乾燥してきたら、少し待ってから水を与えるようにしましょう。

• 肥料はたっぷりと
月桂樹は肥料が切れると元気がなくなります。鉢植え、地植えともに、肥料を切らさないよう注意しましょう。露地植えの場合はに根元から少し離れたところに有機肥料を施し、鉢植えなら効果が長く続く緩効性化成肥料を、夏と冬の年2回程度与えるのがおすすめです。

• 年に2回、春秋に剪定を
生育の盛んな月桂樹は、育ちすぎると葉が密集してしまいます。そこで、春と秋の年2回剪定をして、樹形を整えるようにしましょう。少し大胆に刈り込んでも、生育に影響はなく、ぐんぐん若芽を出して育ちます。

• 葉の収穫は下の方から
収穫の際にはつい若い葉を選んでしまいがちですが、実は月桂樹では下の方の葉の方が良い香りを放ちます。葉が出て半年以上が経過しているものを選んで収穫しましょう。葉の収穫は季節を選ばず、いつでも問題なく行えます。ただし、若い苗木から葉を取りすぎることは、成長の妨げとなる場合があり、おすすめできません。

月桂樹は害虫がつきやすい樹木

葉の芳香にひかれてか、月桂樹には比較的よく害虫がついてしまいます。特にカイガラムシやハマキムシなどの被害を受けることが多いようです。放置せず対処することが、被害を広げない秘訣です。月桂樹の害虫対策は以下の通りです。

• スス病の原因にもなるカイガラムシ
月桂樹に一番よくつく害虫・カイガラムシは、5〜7月の初夏の時期に特によく発生します。放っておくと、葉に黒い斑点が現れスス病の原因にもなってしまうので、見つけたら即対処するようにしましょう。成虫になると薬剤が効かないため、歯ブラシなどでこすり落としたり、枝ごと切り落としたりして物理的に取り除きます。

• 葉に産卵するハマキムシ
名前の通り葉を巻き込んでその中で暮らす蛾の幼虫がハマキムシです。葉を重ね合わせたり、巻き込んだりして、葉を食べてしまいます。巻き込んだ葉の中には白い卵が産み付けられているケースも多いので、見つけたら葉ごと取り除きましょう。

まとめ

栄光の象徴として古くは神話の時代から人類とともに歩んできた月桂樹。育てやすく、香辛料としても使えるとあって、庭木にも人気の高い木です。お庭のシンボルツリーとして、また生垣として、月桂樹を育ててみるのはいかがでしょうか。

香りの良い月桂樹 (ローリエ) ポット苗
商品情報を楽天で見る
花木 庭木の苗/ゲッケイジュ(月桂樹 ベイ)5号ポット
商品情報を楽天で見る


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 16810
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード