玄関前の庭  駐車場とアプローチの庭 雑木の森へ誘うかの様な植栽

何も手の入れられていない玄関前の空間。
ご相談を受けてのプランは、アプローチと植栽により車と人の空間を創り出すプランでした。

  • 8057
  • 26
  • 0
  • いいね
  • クリップ

自動車が目立つ玄関前

玄関前には車が並び、アプローチも無く纏まりを欠いた空間でした。

提案いたしましたプランは、石積みを撤去し、アプローチ入口を2mずらして作成する事とアプローチを2又に分けて,その真ん中を植樹帯として樹木を植える事で玄関ポーチが道路から見透しになるのを防ぐというプランでした。
上記は完成予想パースとして提出させて頂いたものです。

大きく変化した駐車場とアプローチ

人の通るアプローチを庵治石の畳込みとして,明確に通路と分かる様にしました。
道路側からはアプローチの真ん中に植樹帯を設けて、どちらからも侵入出来る様にしました。
施工前にあった石積みは壊して庭部分で飛石として通路を作成しました。
石積みをしてありましたので、道路との高低差を解消する為に庵治石のアプローチを捻る事で平面から立面へと変化させて土留めの役割を持たせました。

アプローチ部分の拡大です。
道路から玄関までは50cmの勾配が出来ました。
敷地が道路から50cm高く造成されていたためですが、石積みを外して遣り替えるのですから当然同じ高低差が生まれますので平面を立体へと変化させるのも極端な変化ではなく、ゆっくりと徐々に変化する様な曲線を考えて施工しています。

新芽時の庭

新芽が出揃った雑木たちです。
高木は、ヤマモミジとコナラです。
紅葉の時期には色合いの違う樹木ですので彩りも鮮やかです。

アプローチ入口を石積みを解体して以前よりは2mだけズラしたのですが、この事により玄関ポーチが直接見える事は無くなりました。
また、ポーチから目線が伸びた先にアプローチを二分する植樹帯があり。こちらも目線を遮ってくれます。
施工後1年経過した玄関前の写真ですが、何も無かった頃と比べると空間がより広がる様な印象を受けます。

  • 8057
  • 26
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ガーデン・ランドスケープ

樹木は、様々な力を持っています。その樹木の力を利用した庭つくりを実践しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード