小手指の家

二人暮らし、住居兼アトリエ利用の個人邸リノベーション事例です。住まいは「住む方の好きなものが詰め込まれた部屋、その空間が一番心地よいと思います」今回のクライアントのお言葉です。実際、置いてあるモノは長年少しずつ買い集めたお気に入りのモノばかり。設計に関しては、当初から明確なデザインコンセプトは決めず、各々の空間を既にあるモノとの相性を考えながら設計を進めていき、その結果、どこにでも座れる=座り方のバリエーションが豊富な家が出来上がった。「家の中に自分の居場所は?」と聞かれたとき、いくつもある家も素敵だと思います。

  • 2544
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 2544
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

設計デザインを行う会社です。住宅、事務所、店舗、スタジオ、展示会場のデザイン事例をホームページで紹介しています。また、こだわりあるお部屋の紹介と不動産仲介も行い…

おすすめのアイデア

話題のキーワード