K邸-「ゾーン分け」と「一つの空間」が共存する、リノベーションだからできること

お二人共、インテリア関係のお仕事をしているKさんご夫妻は、ご結婚を機に家を購入し、リノベーションをすることに。最上階にある勾配天井(こうばいてんじょう)のマンションで、天井が高く開放感があります。大きな間取り変更が難しいので、変更できない壁を生かし、暮らしやすいように「家ですること」を三つのゾーンに分けました。

一つ目は、くつろぐゾーン。玄関入ってすぐの、元は個室だったところをオープンスペースにして、広めの小上がりを作りました。将来は、子供部屋にも変更可能です。二つ目は、家事や仕事のゾーン。廊下に洗面台のある長さ2.5メートルのカウンターを作って、家事スペースにしました。奥様の手作りランドリーワゴンが収まるようにカウンターの高さを調整。その並びにKさんのワークスペースがあります。仕切りにはガラスを使い、上部をオープンに。三つ目のゾーンは、暮らしの中心となるLDK。勾配天井を生かした、広々とした明るい空間です。

この家の大きな特徴は、全体が一つの空間としてゆるやかにつながっていること。「遊び(=余裕、余白)」を住まいの中にプラスし、「ゾーン分け」と「一つの空間」が共存し、暮らし全体のつながりを大切にしたリノベーションになりました。

  • 942
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ
お気に入りの食器が飾られたキッチン。II型のキッチンとすることで、料理中でも会話が弾む
玄関の横に設けた小上がりスペース。正面には飾り棚を作って、お気に入りの小物やアートをレイアウト
玄関ホールと寝室を区切る壁の上部にはガラスをはめ込んでいる。視線が抜けて、より広がりを感じる
廊下を利用した幅2.5mの洗面カウンター。朝の支度や、家事がしやすい空間に
奥様お手製の、既製品をカスタマイズしたランドリーワゴン。洗面カウンターの下に納まるようにデザインした
高い天井を生かし、余白を残したリビング。ワークスペースとゆるやかにつながる
ガラスに囲まれたワークスペースは、Kさんの趣味のものに囲まれたお気に入りの空間
ワークスペースにつながるウォークスルーウォークスルークローゼット。既製品の収納家具がぴったり納まるように設計した
キッチンの引き出しの中には、既製のトレーやバスケットをうまく活用してカトラリー類を収納
  • 942
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

建築デザインと不動産仲介のプロがタッグを組み、物件探しから設計・監理、将来の賃貸化・売却のサポートまで、リノベーションのトータルサービスをワンストップで提供しま…

ブルースタジオさんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア