軒下と小屋裏の家

崖地を家の一部として包括するために、床を崖方向に延長するのではなく、屋根だけを崖方向に延長することにした。 この行為によって、同じ面積の住宅で感じるよりもより遠くに視覚や距離感が延長される。 意識の上では数値化されない虚の部分が実際の大きさの2倍以上、いや見える範囲どこまでも住宅を拡張している。

  • 831
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 831
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

オンデザインとは、”多様な個”がつくりあげる一つの集合体です(運動体といってもよい)。この”多様な個”には、ひとつの建築ができあがる過程で関わるたくさんんお人々…

オンデザインパートナーズさんの他のアイデア

住まいのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード