うなぎの寝床

都心に建てられた木造3階建ての住宅。
敷地の形状は間口4m、奥行き14.5m所謂「うなぎの寝床」。 都心には、ミニ開発されたこのような狭小地が沢山あります。
土地の細分化については景観的議論もありますが、若者が都心に住むということを考えれば、有効なストックの活用であるとも言えます。
このような場所で豊かに暮らすには、それなりの工夫も必要です。
この敷地特性を上手く活かすため、内部は階段を挟んだスキップフロアで構成し、 各フロアが緩やかに繋がり、奥行きのある空間となっております。

  • 578
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 578
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

おすすめのアイデア

話題のキーワード