シンプルに住む家

07年に行われた、初のマンションリノベーション。リビングとダイニングに加え、和室とキッチンも仕切りがあるという変わった間取りの改修工事となった。「無駄なものはいらない」というのがこの物件のテーマ。シンプルな素材を選び、空間に余白を残すことで、住み手の暮らしに添える住まいを目指した。施主が好きだというチーク材は、壁やキッチンの扉、リビングテーブルなどに使用。無垢ホワイトオーク材で節ありのフローリングは、部屋に馴染みながらも、無骨さを忘れない仕上がりとなっている。

  • 813
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 813
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

山積みされた木材から今日加工される一枚を選び出し、昨日注文を受けたばかりのキャビネットを、新作のダイニングテーブルを、新しくオープンするカフェのカウンターを・・…

おすすめのアイデア

話題のキーワード