コレが見たかった!メリットだらけの人工木材でこんなに変わる!施工実例4選◎

ベランダやウッドデッキの美しさと耐久性で、天然木ではない人工木材がメリットだらけでお洒落!と話題なのをご存じですか?
LIMIAでも超人気の人工木材として何度もご紹介してきた【彩木(あやぎ)】。
今回は特に反響の大きかった実例を新しく4つご紹介します!
『彩木にする前のお悩みがまさに今の我が家…!』と思う方も多いかもしれません。
我が家だったら…とワクワク想像しながらチェックしてみてください!

  • 23767
  • 50
  • いいね
  • クリップ

実例が見たい!お宅拝見しました!

お宅拝見シリーズその01

ご紹介するお宅訪問先は、M邸です。

「もともと家を建てたらウッドデッキは導入したいと考えていたんです。内覧会のお宅を見た時、
彩木の色合いがとても外壁の色と合っていて、まずそこに惹かれました。
実際に触ってみると質感も良く、これで間違いないだろう!と、他社製品と比較することもなく採用を即決しました」

彩木バルコニー手すりと彩木ウッドデッキ、そして彩木フェンスも採用しています。
外構の一式を彩木シリーズで揃えているような感じです。メンテナンスを考えて庭には人工芝を選択していますね。

植栽や家庭菜園が趣味で、リビングから見たウッドデッキと庭の緑が作り出す風景をとても奥様は気に入っているようです。
まだ住み始めて間もないので、これからウッドデッキ周りを充実させていき、休日の朝食を採ったり、近所の方と一緒にバーベキューを楽しんだりしたいそうです。

お宅拝見シリーズその02

ご紹介するお宅訪問先は、S邸です。

こちらのお宅では、さまざまな場所に彩木シリーズを取り入れています。
まずは、犬走りとも表現できる細長い狭小の庭に、彩木ウッドデッキと彩木フェンスを用いています
2階のベランダがちょうど雨除けになっているので、テーブルと椅子を出して家族の時間を過ごしたりしているようです。
以前はこの場所にはウッドデッキを敷設しておらず、
まったく使うことのない場所だったようで、彩木の採用で暮らし方に幅ができたとご家族はおっしゃっていました。

このお宅では、アプローチ周辺に彩木ウッドデッキを用い、外観デザインとして彩木ルーバーを取り入れています。2階と3階(屋上)には彩木バルコニー手すりを採用しており、外観全体が黒と茶色でまとめられているのが印象的です。

3階(屋上)には一転して、白色の彩木を用いています。椅子に座れば周囲からの目線も気になることなく、家族だけの空間となっているのが印象的でした。この場所では、ハンモックやテントなど、いろいろなアウトドアグッズを置いて家族で楽しむこともあるそうです!

お宅拝見シリーズその03

ご紹介するお宅訪問先は、I邸です。
ご家族はご主人に奥様、そして高校生のお子様の合計3人になります。

このお宅では、庭のリノベーションで彩木ウッドデッキを採用したそうです。もともとは、別メーカーの人工木材のウッドデッキを導入していたそうなのですが、いつの間にかデッキの板が反り返り、リビングとウッドデッキをつなぐ外開の扉が開かなくなったとか。

そこで、以前から知り合いだったMINOの営業スタッフに相談をされたそうです。
彩木シリーズの大きな特徴である「経年変化で反ったり割れたりしない。メンテナンスが容易で長く施工時の美しさが保てる」という部分を気に入ってくださり、採用に至ったそうです。

お宅拝見シリーズその04

ご紹介するお宅訪問先は、T邸です。
こちらのお宅の庭に大きなウッドデッキ部分があります。

もともとは、約20年前に天然木材・アイアンウッドのデッキを導入されていたそうです。しかし、時間が経ったことにより、板が腐り、虫にも食われるような状況にまでなったとか。最終的にはウッドデッキの上を歩くと、腐敗が影響して留め具が機能しなくなり、板が「ブカブカ」を動く状態で、足を踏み外してしまいそうになるほどだったそうです。そこで今度は、腐らない人工木材で作り替えようということになり、彩木ウッドデッキを採用してくださいました。

天然木材を彩木へ変えるウッドデッキのリノベーションは、MINOでも増えている案件です。
T邸では土台のコンクリートや基礎から伸びる支柱は、もともとの天然木を利用しています。また、スロープの始まりも天然木のまま残しています。
彩木の工務部は、このような入り組んだ施工にも対応しているんですね。
T邸では、「古くなった天然木を、そのままそっくり彩木ウッドデッキに入れ替えた」という事例のお宅です。
ウッドデッキを新しくしたいけど、長年、住まいの一部として暮らしを支えてくれていた天然木の想いでも残したい――という方は、ぜひご参考にしてください。

彩木ブランド

木の質感を作ることを目的に素材から開発したエクステリア用の建材です。
製品の表情を決定づける表面は、本物の天然木から切り出した木目で型取り。一つの製品につき木目のパターンを多数用意し、丁寧な塗装で自然な色むらを表現しています。

エクステリア用に開発された製品ですが、床板や開口部周辺の装飾として、室内で用いられる実例も数多くあります!

彩木の特長

耐候性や耐久性、そして職人ですら本物の木と見間違うほどの表情を持っています。
メンテナンスに手間がかからず、美しいままで長く強く空間を美しく飾ります。断熱性の高いウレタン素材を用いているので、夏の強い日差しを受けても、熱くなりにくく、天然木のようなささくれもできません。
そのためデッキに使用すれば、夏でも子どもが素足で安全に歩いたり遊んだりする空間を作ることができます。

もっとLIMIAで見てみる!

【ウッドデッキ】変形地でも使いやすいお庭へ!

住まいの敷地が変形地だと、どうしても外構にデザインのしわ寄せがきて、使いにくいと感じる人は多いでしょう。庭の形が長方形にはならず、庭の使い方に頭を悩ますこともあると思います。
しかし考え方によっては、変形地こそ個性的な住まいの実現に長けていると表現することもできます

MINO株式会社 [PR]

  • 23767
  • 50
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA公式アカウント。生活のレベルをワンランクアップできるような住まい・暮らしのお役立ち情報をLIMIAが厳選してご紹介!

LIMIA ネクストライフさんの他のアイデア

DIYのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード