NAGATA LOUVER

「永田町駅」「赤坂見附駅」の中間、小高い丘の上にあるのは近未来的な雰囲気漂うメキシコ大使館に面する建物。

室内へ足を踏み入れると、上質な木の香りが空間を満たしていました。眼下に広がる168平米の圧倒の空間は天高最大3m。加えて窓から見える大使館の豊かな緑。非日常的なその空気感に神経が研ぎ澄まされていきます。

広大な作業スペースと打ち合わせスペースを隔てるのは今回のリノベーションの鍵となる木製ルーバー入りのスチール格子ガラス窓。日本家屋を彷彿とさせるルーバーはモダンであることはもちろん、静寂と陰翳、まさに日本的美学を感じさせる素材です。

  • 645
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 645
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

設計デザインを行う会社です。住宅、事務所、店舗、スタジオ、展示会場のデザイン事例をホームページで紹介しています。また、こだわりあるお部屋の紹介と不動産仲介も行い…

おすすめのアイデア

話題のキーワード