4/10UP 西八王子 K邸-小さな家でも夢のある空間-

東京都八王子市 2015年12月竣工
敷地面積:141.64 M2

「西八王子 K邸」は、通常、北側にありそうな部屋が
すべて南側にあるのが特徴です。
意外かもしれませんが、実はこの考え方、
結構「理」にかなっています。

たとえば「階段」
小住宅ならなおさら、階段を昇降だけの場所としておくのは勿体ないのです。
リビングに取り込むことで空間を広く見せることができますし、
採光の装置としても優秀、リビング家具の一部としても利用できます。
「西八王子 K邸」では窓辺を構成する大事な要素のひとつにもなっています。

2階でも同様に発想の転換をしています。
通常なら浴室と洗面所が北側、
寝室は南側にするところでしょうが、ここでは逆。
浴室が南向きなら、暖かく、日当たりが良いので乾燥してカビませんし、
休日の昼間などはゆったり風呂に入りたくなります。
逆に寝室は夜寝るだけなので、それほど場所を気にしません。
寝室への採光・通風は洗面脱衣室越しに欄間から確保できているのです。

この逆転現象を可能に出来たのは、
プランニングで中廊下のような場所をつくならいことと、
家自体の断熱性能を向上させてたからです。
予算上、ペレットストーブは将来設置にしましたが、
実はそれがなくとも十分に暖かく過ごせるはず。
今後、その結果をお知らせできればと思います。

  • 1680
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1680
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

用・強・美が求められる建築・住宅の設計に対して心・技・体で答えていく。それが当社のスタンダードポリシーです。事務所を創立して20年。今まで数多くのクライアントと…

おすすめのアイデア

話題のキーワード