京町屋の家

間口3m奥行15mの京都特有の「鰻の寝床」と言われる敷地。隣と建物が密着しているのも京都特有。
細長い空間を立体的に広く演出事にロフト的な吹抜けを設け、採光もより効果的に確保しました。
30代前半の施主の住まいとして、黒と白、スチールと木で建物を構成。
シンプルで無機質なデザインの中に、あえてしつらえた小上がり式畳敷きのリビングは予想以上に寛げる空間となっています。

  • 642
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 642
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

「どこかカッコイイ!!」「なんだか気持ちいい!!」 そんなスタイルの提案をしています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード