キナリの家


夏休み午後の縁側での昼寝をイメージした住宅。
大磯のおおらかな環境と光・風を存分に満喫する設えとしての住宅を考えた。

南側の6Mの大窓をフルオープンにすると、リビング・縁側・庭が一体となった子供の遊び場が出現・・・半年後の再会では、長男坊は野生児に!

吹きさらしの畑に面した北・東面はシェルターとして閉じた壁面のオブジェ的な形態として、遠目でも一目でわかるキャラクターを付与しようとした。

The site is located at the edge of dwelling area close to the sea that is facing the agricultural land spread to the north-east mountain side.

The house was placed on the north side of the site in order to protect the garden from seasonal wind from north in winter.

Internal area was designed with an emphasis on continuity with the garden.
In the south elevation, wide window and shallow depth wood deck which is like japanese traditional 'engawa' were provided as connect elements of the internal area and the garden, whereas other elevation was designed defensive to outside.

Triangular roof was slightly rotated with respect to the axis of the outer wall, the elevations got asymmetric shapes that offer humorous feeling at glance.

  • 1197
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1197
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

詩的にシンプルな、それでいてユーモラスな建築をつくりたいと考えています。要素を削ぎ落とすのではなく、生活の為の設えがさりげない在り方で生活を彩る、シンプルな家。…

おすすめ

話題のキーワード