岸和田の家

大阪の岸和田に建つ2世帯住宅です。
3階建てでボリュームがあるため、圧迫感を感じさせないように、建物を道路面から約5mセットバックさせるとともに、 道路からは見えない位置に3階部分を配置しています。

道路側の前面には木格子を設け、昼間は、その内側に設けた中庭にほどよく光と風を導くことで、内部との緩やかなつながりを保ちつつ、 外部に対してのプライバシーも確保します。

夜は逆に、内部から放たれた光が木格子越しに漏れ、その風景が周辺環境に幻想的な雰囲気と程よい明かりを提供します。

中庭は、1階世帯と2・3階世帯をつなぐ共通の縦の空間となるため、一つの家としてのつながりを感じさせる大事な要素ともなっています。
2階のリビングは、中庭に面する全面をFIXガラスとし、日々の生活の中で常に中庭を感じられるようにしています。

  • 737
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 737
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

その敷地、環境、風景、そして施主さんの要望に対して「素直」に提案できるように心がけています。「素直」な提案をすることで、より、その環境や要望に対してふさわしい建…

おすすめのアイデア

話題のキーワード