haus-turf/素朴な形の中に味わい深いインテリアと草屋根

個人住宅 2015年8月完成

家族構成:夫婦+子供1人
所在地:兵庫県小野市粟生町
用途地域:市街化調整区域
敷地面積:294.76㎡
主要用途:専用住宅
構造:木造 地上2階建て
延床面積:142.84㎡
容積率:48.46%<200%
建築面積:83.28㎡
建蔽率:28.26%<60%
最高高さ:9.130m

プロデュース:株式会社エムトラス
設計:一級建築士事務所haus
施工:有限会社ビームスコンストラクション
撮影:PHOTO OFFICE JOUER 森本大助

敷地は河川と鉄道沿線の間にあり、地縁者しか戸建て住宅を建てられない市街化調整区域。
草原ような周辺環境と広大な景色が広がる敷地は気持ちいい風が流れます。
ここに建主自ら計画されたプランを煮詰めて、可愛らしく、お家らしい形にまとめました。周囲と同化するような草屋根を眺められる2階スタディスペースではリビングの家族とともに風を感じながら健やかに過ごせることでしょう。また内部では節ありのナラ材や真鍮のペンダントライト、黒板の壁、レトロなガラスを使用するなど、とても味わい深い住宅となっています。

  • 1556
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1556
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

神戸須磨の一級建築士事務所です。有機的で素材感のある材を使用しながらも調和の取れた、親しみやすく、気取らない建築デザインをご提案いたします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード