つつじが丘の住宅|ライフスタイルを映し出す限り無く透明な家|

この住宅は、閑静な住宅地の高台に建っています。道路からは2m高く、敷地は斜面になっていて、平坦な部分は半分の50坪ほどです。一見すると、建てづらいように思えますが、逆に考えれば、プライバシーは保てるし、南西に開けた公園の景色や遠くの丹沢の山並みを見渡せる素晴らしい敷地でもあります。
住み手の思いは
「お菓子教室のアトリエが欲しい。個性のない家はつまらない。とにかく普通じゃない家にしたい」ということでした。

必要な機能をパラレルに配置し、アプローチ手前からアトリエと控え室のパブリックゾーン、奥にLDK、寝室、子供室のプライベートゾーンを配置しています。
すべての部屋はガラス張りになっていて窓という概念はなく、中央のアプローチを兼ねたテラス(中庭)に面しています。プライバシーを守りながらも、開放的に、明るく、家族の雰囲気が伝わってくる住まいです。
家具や住宅設備もシンプルで最小限にして必要十分というオーナーのライフスタイルを読み取ることができます。

床の仕上げは、内外とも450角の大判磁器質タイル。
床冷暖房システム

アプローチの敷石は旧玉川電車の軌道敷石

この住宅の別の写真は下記のURLで見ることができます。ぜひご覧下さい。
http://www.ynaa.jp/workcontents/tutujihouse.html

  • 941
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 941
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード