草屋根の自然素材の家と版築土壁で出来た陶芸工房

淡路島の内陸部の段々畑の中腹にひっそり建っている木造平屋の家と陶芸工房です。風景に溶け込み大地に根付いた建築を試みました。屋根は草屋根で、梯子で登れば緑の風景を一望でき大きな青空リビングとなっています。周囲の緑と前庭、そして草屋根とつながりをもっています。

  • 994
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 994
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

建築はその土地に根付き、地域に馴染み景観に溶け込む。自然の恵みを受け、自分達らしい住まい方で時を刻むほど美しく住人と共に年を取っていく。心に優しい建築。現在の日…

おすすめのアイデア

話題のキーワード