蔵のある住宅

東京郊外の農家、広い実家の敷地に計画した住宅です。敷地内には「蔵」や「お稲荷さん」があり、それらを生かしつつ実家の建物とも程良い距離の関係を保つよう配慮しました。LDKは真南に向いた斜めの壁と大きな傾斜天井の一室空間で、まわりにスタディコーナーや水回り、2階には寝室があり、廊下は書棚に囲まれた図書室です。南向きの大きな窓からいっぱいの日差しが入り、南北に配された窓を気持ち良く風が抜けます。庭づくりも当初から計画に取り込み、自然エネルギー、地中熱利用の様々なパッシブデザインの工夫で、省エネで快適な住宅です。この広々した空間を高い耐震性能で実現するために金物工法を採用しています。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー