桃井M邸 -中庭を中心としたコの字型立体コートハウス-

敷地は四方が建物で囲まれた旗竿形状です。このような住環境の場合によく推奨する、2階リビングの立体コートハウスをご提案しました。
1階はコの字型の配置、門扉を介して一旦中庭を経由してから玄関にアプローチするスタイル。センターからアクセスすることによって廊下面積が最小限のコンパクトなプランを実現しています。一方2階は勾配天井を持つ大きく開放的なLDKが中心で、南側にはデッキテラス、中庭上部の吹抜け、小さな和室が一列に並ぶという構成です。この中庭は完全なプライバシーが確保されており、適度な採光や通風を享受するとともに、住まいの各所から窺える魅力的な中間領域となっています。
ただし・・・、中庭を経由しての搬入を予定していた2階の大型のソファーの納品が遅れてしまったため、この中庭の植栽工事が引渡し後だいぶずれ込んでしまいました。年末ぎりぎりとなって、ソファー納品、その直後に樹形の綺麗な株立ちのアオダモが中庭に居座って、これでやっと!気持ちのよいお正月が迎えられるのではないでしょうか。

  • 723
  • 10
  • 0
  • クリップ
  • 723
  • 10
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード