Re:Toyosaki

大阪市内で梅田より徒歩15分、最寄の地下鉄より徒歩10分を切る立地で、
限られた予算の中で、暮らしの器となる家屋・土地の利便性とのバランスの取り方として、
「郊外」「新築」「一戸建て」とは違う、
「都心」「中古」「長屋」「改装」という選択です。

昭和39年、東京オリンピックが開催された50年前に、
増築の記録が残っている古い建屋を、
現況建基法を満たす構造補強、省エネ等級4の断熱材を性能面で確保しつつ、
仕上げ・空間・予算のバランスを肯定的な「これで良いよね」を基準に選択していきました。
日々の生活の道具、住まい手の趣味、これからの暮らしの変化も、
おおらかに受け入れる住まいを目指しました。
小さな長屋ながら、夫婦2人の暮らしを大きく包んでくれる住まいとなっています。

残す部分と造る部分--------改修ならではの掘り出し物
繋がりと区切り------------利用形態、空調、光、音、視覚
市街地住居での玄関土間----迎える場所と作業ができるスペース
日常の手入れ-------------掃除・メンテナンス、使いこなす楽しみ
家具・道具----------------揃えない揃え方、好きな物を手元に

  • 878
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 878
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

趣味として始めた陶芸教室での制作により、身の廻りを出来る限り「手」の入った物に囲まれて暮らす事が、自分の理想だという事を再確認しました。縁があり知り合った人々が…

おすすめのアイデア

話題のキーワード