「通り土間」のある家

変形敷地+角地をどう活かすか、『古きよきものが好き』という
お施主様のご要望にどう答えるか、というところから計画がスタートしました。
建物は敷地形状に合わせ変形した形としたため、この家には真四角の部屋が
1つもありません。1階部分には、敷地を通り抜けできる『通り土間』を設け、
2階には、LDK、子供室を配置しました。
構造体を見せたダイナミックな天井が、見せ場となっています。
全体的に骨太で、ガッチリとしたイメージ、空間に陰影を作るよう光の入り方を
検討し、シックで重厚感のある住宅が完成しました。


  • 1761
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1761
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

「和」のよさを取り入れた空間造りを、日々研究しています。本物の素材、光の美しさ、普遍性のあるデザイン、を基本に、シンプルで飽きのこない、しかし、ハッとするような…

おすすめのアイデア

話題のキーワード