軽井沢・灯りの家/別荘

日当たり良い立地で、綺麗な芝生のある土地に別荘設計を行いました。
周辺との景観バランスを考え、平屋建て37坪としながら、デッキ13坪のある、ゆとりのある空間で、ゆったりと過ごせる空間となっています。
また、断熱計画をする際に、音への配慮計画もあったため、高気密高断熱を実現するために東北地方を拠点におき、室蘭工業大学教授/鎌田紀彦先生が代表理事の「新住協」というNPO法人の仕様を採用することとし、工事は、このNPO法人のマスター会員が施工するという体制としました。
外観デザインは、景観に配慮した色彩計画とし、素材も板壁とし、屋根勾配は、浅間山を南側からも見れるよう、緩やかな勾配としました。
室内デザインは、建て主のお気に入りの家具や照明器具を、床や壁の素材、窓、水栓、キッチン、照明、色彩、薪ストーブなど、空間デザインで際立たせるようにしました。

  • 918
  • 9
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 918
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

住宅や別荘を中心に、長野県軽井沢町を拠点に構えて活動しています。デザインは、奇抜で斬新ではなく、景観に寄り添うことを目指しています。「普通のようだけど、何か普通…

おすすめのアイデア

話題のキーワード