川崎の家

和歌山県熊野杉と漆喰の家。南側に将来建物が建つ可能性を考慮して、吹き抜けや2階バルコニーから採光を十分取れる様計画しました。いつか子供部屋が必要になるまでそのスペースはオープンな空間とし、建設費を削減。限られた面積の中でも広いバルコニーや四季折々に楽しめる植栽も実現出来ました。浴室はBois設計室おすすめの「コルクタイル」仕上げ。普通のタイルと同じ様にお手入れが出来、真冬でも冷たくなく小さなお子さんや高齢者にも安心の素材です。使う人に合わせて自由に設計出来る「造作家具」によるキッチンや洗面台は既製品を使わずに杉床板で大工さんに造ってもらいました。

  • 842
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 842
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

国産無垢材と漆喰の家づくり。合板やクロスは使いません。住まいの住み心地って手足や目に「触れる」素材で大きく左右されると思っています。夏はじめじめ、冬は乾燥してし…

おすすめのアイデア

話題のキーワード