【実践】排水口のつまりは「ピーピースルー」で解決!効果的な使い方を徹底解説

『和協産業』が展開する「ピーピースルー」は、つまり解消の奥の手とも言われる排水管・排水口専用の洗浄剤です。排水管・排水口のつまりによる汚れやぬめり、臭いの逆流などは、総じて不快なもの。そんなとき、つまりを分解して汚れを一掃してくれる「ピーピースルー」は強い味方です。今回は、そんなピーピースルーの使い方や注意点などを、実際に使用しながら解説します。家庭用におすすめの『ピーピースルーF』から、業務用の『ピーピースルーK』『ピーピースルー温水用』『ピーピーエル』まで種類についても紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね!

  • 12367
  • 59
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「ピーピースルー」とは?

ピーピースルーF(顆粒状)
2,200円(税込)
4
4 Stars
377件)

「ピーピースルー」とは、環境設備薬品や配管洗浄剤を多く取り扱う『和協産業』が展開する、排水管・排水口専用の洗浄剤です。

ピーピースルーにはさまざまなシリーズがありますが、家庭用として使われるのは『ピーピースルーF』。

『ピーピースルーK』や『ピーピーエル』、『ピーピースルー(温水用)』は、医薬用外激物に指定されるほど、強力な成分が配合されており、まさにつまり解消の奥の手とも言える強力なアイテムです。

ピーピースルーが汚れを落とす仕組み

ピーピースルーは、種類によって主成分が異なります。

家庭用として使える非劇物の『ピーピースルーF』は、水酸化ナトリウムとオルトケイ酸ナトリウムを主成分として採用。髪の毛や排水管の汚れと化学反応を起こし、熱を発して強力な発砲と共に排水管の内部に付着した汚れを取り除きます。

水酸化ナトリウムは油も分解するため、お風呂場に起こりがちな皮脂によるつまりも解消できます。『パイプユニッシュ』など、一般的なパイプクリーナーとの違いは、この油の分解作用だと言えるでしょう。

ピーピースルーの正しい使い方【キッチン編】

ここからは、実際に『ピーピースルーF』を使用して、詳しい使い方や注意点を解説していきます。次に、生ごみによるつまり・ぬめりが発生しやすい「キッチン」で、ピーピースルーによる掃除を実践します。

『ピーピースルーF』を排水口の周りにまく

まず、排水管の掃除に適した量を計ります。本体の約1/4にあたる150gが使用の目安なので、紙皿などに入れて計りましょう。

手袋・眼鏡・マスクの装着と換気を忘れずに行った後、ピーピースルーを排水口の周りにまんべんなくまいていきます。

洗剤の外側に温水をまく

洗剤をまきおわったら、洗剤の外側に沿って水を注ぎましょう。水温は40℃~50℃程度、量は400ml~500ml(コップ2杯程度)がベストです。電子レンジを使用する場合は、500Wで2分程度温めましょう。

30分~1晩放置して洗い流す

通常30分~1時間程度で洗浄が完了しますが、つまりがひどい場合は1晩放置してもOK。ただし、配管の種類によっては長時間放置すると傷んでしまうこともあるので、注意が必要です。

洗浄が終わったら、水で流します。奥までしっかりと洗い流すために、5分程度は排水口に向けて水道水を流しておきましょう。

ピーピースルーの正しい使い方【お風呂場編】

次に、髪の毛や皮脂などによるつまり・ぬめりが発生しやすい「お風呂場」で、ピーピースルーによる掃除を実践します。

『ピーピースルーF』を排水口の周りにまく

キッチンと同じく、しっかりと150g計ってから作業を始めましょう。

手袋・眼鏡の装着と換気を忘れずに行った後、ピーピースルーを排水口の周りにまんべんなくまいていきます。皮膚をも溶かす非常に強力な洗浄剤のため、風呂床や浴槽など、排水管以外への使用は推奨しません。

洗剤の外側に温水をまく

洗剤をまきおわったら、洗剤の外側に沿って静かに水を注ぎましょう。水温は40℃~50℃程度、量は400ml~500ml(コップ2杯程度)がベストです。

足に洗剤がかかったり、風呂床に広がったりしないよう、内側に向けて静かに注ぎましょう。

30分~1晩放置して洗い流す

キッチンと同様、30分~1時間程度で洗浄が完了します。お風呂に関しても、つまりがひどい場合は長く放置しても大丈夫です。

洗浄が終わったら、5分程度水道水を流して奥まで洗い流します。

排水口周りについた洗剤もしっかりと洗い流し、少しでも残っている場合は分厚い手袋を装着してふき取りましょう。素肌が触れる場所に洗剤が残らないよう、キッチン以上にしっかりと点検することが必要です。

使用時の注意点

強力な洗浄成分が配合されているピーピースルーシリーズ。使用の際には、細心の注意を払うことが不可欠です。注意事項をしっかりとチェックして、危険がないように使用しましょう。

手袋・眼鏡をつける

強力な発砲と急激な熱によって汚れを取り除くピーピースルー。『ピーピースルーF』は、家庭用とはいえ強力な成分が配合されているため、目に入ったり素肌に触れたりすると、炎症を起こす可能性が高いアイテムです。必ず手袋と眼鏡を着用して、しっかりと防御しましょう。

換気を徹底する

使用時に強力な発砲が起こるため、使用前、使用中だけでなく使用後まで換気を徹底しましょう。できれば作業中と作業直後は窓を開けはなしておくのがおすすめです。換気扇も回しておきましょう。

トイレには使わない

『ピーピースルーF』はトイレのつまりには対応していません。効果を発揮しないだけでなく、『ピーピースルーF』は非常に強力な洗浄剤のため、トイレの便器や配管に損傷が生じる可能性もあります。トイレのつまりには、トイレ専用の洗浄剤を使用したり専門業者に対応してもらったりと、別で対策を講じましょう。

業務用も!ピーピースルーシリーズを紹介

提供:LIMIA編集部

『ピーピースカット』

『ピーピースカット』は、液体状で、原液のまま使用できるのが特徴。大体『ピーピースルーF』と同じくらいの威力と効果を期待でき、油汚れまですっきりと除去します。

また、定期的な使用で排水管のトラブルを未然に防ぐ効果も。特に濃度調整をすることなく流し込むだけで使えて、同時に除菌や消臭もできる便利なアイテムです。

『ピーピースルーK』

『ピーピースルーK』は、『ピーピースルーF』よりもさらに洗浄力が強く、医薬外劇物に指定されています。そのため、一般のホームセンターやドラッグストアでは入手することができません。

また、購入には「毒物劇物譲受書」の提出が必要になるなど、主に業務用として使用されるアイテムです。市販品では解消できない大幅なつまりも、場合によっては約5~10分間で解消できるほどの非常に高い洗浄力を持っています。

『ピーピースルー温水用』

『ピーピースルーK』は冷水で使えますが、『ピーピースルー(温水用)』はその名の通り温水を使用するのが特徴。

効果はほとんど『ピーピースルーK』と変わらず、こちらも医薬外劇物の指定を受けています。
購入には「毒物劇物譲受書」の提出が必要になるため、主に業務用として使われます。

『ピーピーエル』

『ピーピーエル』もまた、非常に洗浄力が強い医薬用外劇物で、購入の際には「毒物劇物譲受書」が必要です。

ピーピースルーシリーズは、洗浄時に激しい熱を発するのが特徴ですが、『ピーピーエル』は高温の熱は発しません。そのため、他のピーピースルーでは温度が高すぎて使用できない硬質塩化ビニル管を使用している排水管にも使用できます。

その他の水回りお掃除グッズもチェック

水回りの掃除道具は、「ピーピースルー」のほかも揃えておくとさまざまな汚れに対応できて便利です。ここからは、LIMIAがおすすめする水回りのお掃除グッズをまとめた記事を紹介します。

『オキシクリーン』でお風呂全体をピカピカに

排水口・排水管をキレイにした後は、ぜひお風呂場全体も掃除してみましょう!お風呂場全体に『オキシクリーン』を使用する「オキシ浸け」をすることで、カビや細菌を除去するだけでなく、カビ防止や悪臭対策にもつながります。

▼__________7hm7_____さんのアイデアを詳しく見る

トイレから排水管まで!+αで使いたい掃除グッズ5選

毎日使うトイレやキッチンなどは汚れがたまりやすいものですが、時間をかけて掃除するのは大変。そんなときは、便利なアイテムを賢く使って、隙間時間にササっと汚れを取り除きましょう。下の記事では、LIMIA編集部が、時短と快適をかなえるお掃除グッズを厳選して紹介しています。

▼LIMIA暮らしのお役立ち情報部のアイデアをもっと見る


※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行なってください
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行ない作業をしてください。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 12367
  • 59
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード