居間と寝室がつながる家-建具で明るい寝室と 開放的な居室を実現-

東陽町にある、築30年のマンションの一室をリノベーションした。
クライアントは、幼い子供のいる若い夫婦で、友人を家に招くことが多く、広く開放感のあるリビングと朝陽が入る寝室が求められた。
間口に対して奥行方向が長い一般的な3LDKの間取りだったため、陽が入る方向は南側の一方向に限られている。そこで、寝室への自然光はリビングを介して取り込み、間仕切りにガラス入りの大きな引き戸を設けた。
また、既存の壁を活かしながら、それぞれの部屋の間仕切りを取り払い、必要に応じてガラス入りの建具で仕切ることで、南側の窓から入った自然光が、キッチン、リビング、ダイニング、寝室、玄関へといきわたるようにした。
広いリビングの一部は、将来的に子供が増えて個室が必要となったときには、子供部屋として仕切れるように考えてある。

  • 1650
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1650
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

AIDAHO設計の戸建リノベーション「深沢の家」が、リノベーションオブザイヤー2018にエントリーしています。https://www.renovation.or…

おすすめのアイデア

話題のキーワード