大きなダイニングテーブルのある家

実家の庭先を通り南北に細長く延びる三角の変形地。吹抜けに大きな開口を設け、南面に拓けた庭から通風と採光を各室内に取り込みました。茶の間感覚で使える玄関。食堂では大きなテーブルを囲んで団欒を楽しめるように考えました。食堂を中心に台所、洗濯・洗面室、家族便所、個室へと回遊できる間取りを考えました。
部屋を造付収納家具で間仕切ることや、屋根勾配の下部を利用することで比較的多くの収納スペースを確保しています。 天然乾燥された無垢の桧・杉・松を柱、梁などの構造体に使用し、壁は漆喰。建具や家具を造作とし、床の間は天然の楓。
アイアンは工務店社長の手作りです。
季節の移り変わりや素材の持つ温かさを肌で感じる事ができるよう開口部から見えるものを大切に。季節ごとに美しく、素材の持ち味を温かく感じる事が出来る住まいになりました。

  • 1270
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 1270
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

「料理すること」「食事すること」が趣味の私にとって会話のある暮らしは最も楽しく、充実している時間です。「集う」「楽しむ」「安らぎ」をテーマに動線・収納にも配慮し…

アトリエきらら一級建築士事務所さんの他のアイデア

住まいのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード