お風呂でよくあるトラブル・部位別の修理費用相場!業者の探し方は?

お風呂は、一日の疲れを癒してくれる大切な場所。水漏れや、換気扇の故障といったトラブルを発見すると、なるべく早く対処したくなりますよね。しかし、修理費用はいくら位かかるか、不安な方も多いでしょう。そこで今回は、お風呂のトラブルの中でも特に多い、詰まりや水漏れ、浴槽・壁材・ドア・給湯器・換気扇などの修理を、業者に依頼する際の費用相場を確認してみましょう。また、設備全体を交換したほうが良い場合や、業者探しのポイントについてもあわせてご紹介します。

  • 6798
  • 5
  • いいね
  • クリップ

【トラブル箇所別】お風呂の修理代・費用相場

まずは最も気になる、修理や交換にかかる価格について解説します。

排水口・排水管の詰まり

「排水時の流れが悪い」「排水口や配管が詰まっている・悪臭がする」といった症状を改善してもらう場合には、8千~3万8千円程度かかります。

詰まり具合によりますが、高圧洗浄が必要な場合などには費用が高くなります。

蛇口などからの水漏れ

「蛇口やシャワーホースなどから、水が漏れている」「蛇口の水が止まらない」といった水漏れを解決してもらう場合には、修理箇所の規模にもよりますが、費用は3千~3万円位です。

ゴム製のパッキンが劣化している、接続部分などが緩んでいる、といった理由である場合が多く、簡単な作業で済むケースがほとんどですが、業者の出張費が加算されるため、総額1万円を超えることもあります。

蛇口・水栓交換

蛇口や水栓を交換する場合の費用は、約7千~3万5千円(最も中心となる価格帯は1万~1万5千円)です。

こちらも出張費がかかるため、容易な作業であっても1万円を超えることが多く、また新しく採用する機器のグレードによっては、より高額になります。

浴槽のひび割れなどの修理・塗装

「FRP」や「人工大理石」の浴槽内に、ひびや膨れ、サビ、カビなどを発見した場合には、塗装による補修を行うのが一般的です。

塗装費用は、浴槽の大きさや劣化具合によっても変動しますが、9万5千~15万円です。
なお「ステンレスの塗装は受け付けていない」など、浴槽の素材によっては対応できない業者もいるので、現地調査の際に適切な対処法についてアドバイスしてもらいましょう。

浴槽の交換

上記でご紹介したような塗装では解決できない場合、浴槽本体の交換を提案される可能性が高いです。

本体価格は「FRP」や「ポリエステル系人工大理石」などであれば、1~40万円程度です。
この他、施工費用が約4~20万円かかります。

壁・天井・床・タイルの交換

浴室の壁材・天井材・床材をリフォームする場合の費用は、以下の通りです。

部分的に交換するよりも、まとめて施工したほうが、人件費がかからず効率的です。

なお、最も主流になっている素材は、手入れがしやすい、樹脂パネルやフィルム(シート)です。
既存のタイルを張り替える、塗装を施す、といった方法も人気があります。

ドアの修理・交換

開閉しにくい浴室ドアの建て付け調整や、割れてしまったドアパネルの修理は、1万5千~3万円程度のコストがかかります。

扉全体を交換する場合は、リフォーム費用は5~16万円です。
ドアのみか外枠も含むか、またドアの開き方が開き戸か折れ戸かによっても価格が変動します。

給湯器の修理・交換

「キッチンは問題ないのに、お風呂場だけお湯が出ない」「給湯器から異音がする」といった症状がある場合には、給湯器の修理もしくは交換が必要なケースが多いです。

給湯器の修理費用は7千~3万円、交換費用は10万~38万5千円位と考えておくと良いでしょう。

換気扇の修理・交換

「換気扇が動かない」「換気量が弱い」「換気扇から異音がする」などの不具合がある場合には、修理もしくは交換が必要です。
修理で済むようであれば3千~5万円、交換が必要な場合は3~15万円位の予算を見込んでおきましょう。

ただし、交換時に高性能な機種を選ぶ場合や、設置時に一度壁を壊す必要がある場合には、35~40万円と高額になることもあります。

暖房乾燥機の修理・交換

雨の日に洗濯物を乾かしたい時などに大活躍する、浴室暖房乾燥機。
「異音がする」「暖房や乾燥の性能が低下している」といった症状が出ていたら、修理か交換を検討しましょう。

修理で済む場合、費用は1万5千~5万円程度ですが、メーカー(TOTOやマックスなど)の保証期間内であれば、まずは製造元の修理窓口に問い合わせてみたほうが良いでしょう。

交換が必要な場合には、10~40万円ほどの費用がかかります。

お風呂修理のDIYは基本的に避けるべき!

上記でご紹介した費用をご覧になり、「節約したいから自分で直そうかな」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、お風呂のDIYは失敗してしまうと、水漏れなどが悪化してしまう原因になりかねません。
特に集合住宅にお住まいの場合には、下の階の方に迷惑がかかってしまいます。

また、換気扇や浴室暖房乾燥機については、電気工事士の資格を持ったスタッフに任せないと危険です。

ご自身の力で直そうとするのではなく、まずはプロの業者に見積もりを依頼し、予算内でおさまるかどうか確認してみることをおすすめします。

水漏れの原因のほとんどは、破損や経年劣化

ちなみに、特に水漏れのトラブルでは、パッキンやコーキングなどの箇所が経年劣化しているパターンが多く見られます。
劣化具合によっては、部分修理ではなく、部品交換で解決する可能性も高いです。

一方で、ホースや配管に亀裂が入っている場合や、実は給湯器の劣化が原因という場合もあります。
原因不明のトラブルが起きたら、水道修理・給湯器交換とも実績のある業者に調査してもらうと良いでしょう。

10~20年経っていたら、交換・リフォームも検討を

なお、使用年数が10~20年経過している場合には、一時的な修理ではなく、全体的に交換したほうが良い可能性が高いです。

例えば、給湯器は8~10年、換気扇は8~15年、浴槽や浴室は10~30年で寿命を迎えると言われています。

築年数によっては、浴室全体をリフォームすることも視野に入れて、業者と相談しながら最適な方法を選択しましょう。

症状によって対応できる業者が異なるため注意

ここまで、色々なお風呂のトラブルの修理・交換に関する費用やポイントをご紹介しましたが、内容によって対応できる業者は異なります。

「水漏れや詰まりの修理専門」「浴槽塗装の経験が豊富」「浴槽やユニットバスの交換が得意」など、会社によってセールスポイントは多種多様です。

慌てて工事を依頼したくなるかもしれませんが、できれば複数の業者に見積もりを作成してもらい、それぞれの得意分野や、出張費などの価格差をチェックしてみると良いでしょう。

なお、当サイト・リショップナビでは、柔軟に対応できるリフォーム会社を多数ご紹介しています。
業者探しで悩んでいらっしゃる方は、ぜひとも活用してみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 6798
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リフォーム会社

リショップナビは厳格な加盟審査を通過した優良リフォーム会社を無料でご紹介するサービスです。ご希望に合う複数のリフォーム会社から見積もりをとって、納得のリフォーム…

おすすめのアイデア

話題のキーワード