戸建ての外壁を補修・修理したい!費用・方法・業者の探し方は?

住宅の外壁は、サイディング・ALC・モルタル・タイル、いずれの素材であっても、10年前後で劣化症状が見られます。目地(コーキング)の老朽化、鉄部のサビ、ひび割れ、カビやコケ、穴や傷、はがれ、チョーキング現象などを発見したら、悪化してしまう前に早めに修繕しましょう。外壁でよくある劣化症状の補修方法や、一般的な一戸建て住宅の外壁を修理する場合の費用相場、最適な業者の探し方について、ご紹介します。

  • 8794
  • 3
  • いいね
  • クリップ

どの外壁も、10年前後で補修が必要

建物の外壁材には、サイディング・モルタル・コンクリート・ALCパネル・タイルなどの種類がありますが、いずれの外壁であっても毎日風雨や紫外線にさらされることから、10年前後で劣化症状が出てきます。
耐久性が低い塗料で塗装されている場合や、潮風などが当たりやすい環境であれば、5~8年で劣化症状が出る可能性もあります。

たいていの外壁は10~15年毎に、塗装によるメンテナンスを行うことで、耐久力を保持できます。
また、比較的長持ちすると言われているタイルの外壁であっても、10年に一度くらいの周期でコーキングの打ち替えを行う必要があります。

外壁の主な劣化症状と補修方法・価格

建物の外壁でよく見られる劣化症状を補修・修理する場合の費用は、おおむね以下の通りです。

なお、いずれの工事の場合でも、補修箇所によっては足場の設置が必要となり、10~20万円程度のコストがさらにかかります。
見積書を提示されたら、足場代が含まれているかどうかも確認しておきましょう。

1.ひび割れ(クラック)の補修方法と費用相場

ひび割れ(クラック)は、築10~15年前後で発生する可能性が高く、外壁もしくはコーキング(目地)部分に生じます。
(コーキングの補修についてはこの後に解説します。)

外壁にひびが入る原因としては、塗膜のみの劣化、もしくは外壁自体が乾燥などによって収縮している/地震などで建物に振動が生じた際に圧力がかかった、などが考えられます。

ひび割れ(クラック)の幅や深さによって、おおよその劣化具合を判断できます。

外壁のひび割れ(クラック)をそのまま放置すると、雨が染み込み、水分や湿気によって外壁内部や木材まで腐食していき、改修費用が高額になってしまうため、できるだけ早く対処しましょう。

【ひび割れ(クラック)の補修費用相場】

ひび割れ(クラック)箇所を部分的に補修する費用は、1箇所につき1〜10万円前後です。
ただし劣化状態がひどい場合は、修繕費だけで30万円位になってしまうこともあります。

なお、築10年くらいの建物や、全面的な補修が必要となる場合などは、外壁全体を塗装、もしくはサイディング材などの張り替えをしたほうが良いと判断されるパターンが多く見られます。

外壁塗装をする場合の費用は、塗料によって価格が異なりますが、約1,700~5,000円/㎡です。
外壁材を張り替える場合は、約7,000~9,000円/㎡の費用がかかります。

2.コーキング(目地)の補修方法と価格

外壁材の目地にあるコーキング(シーリング)材がひび割れたり、やせてきたりした場合には、新しいコーキング材に打ち替える必要があります。

コーキングの補修方法には、新しく交換する「打ち替え」と、既存のコーキングの上からそのまま充填する「増し打ち」という2通りの方法があります。
「打ち替え」をしたコーキングの寿命が10年前後ですが、「増し打ち」の場合は2~5年程度しか持たないため、基本的には「打ち替え」工法を推奨します。

なおサイディングなどの外壁で、塗装や張り替えのリフォームをする際には、原則としてコーキングの「打ち替え」も一緒に行います。

【コーキングの補修費用相場】

コーキングを打ち替える場合の料金は、1mにつき約900~1,200円で、さらに既存のコーキングを撤去する費用が約1~3万円かかります。
一時的な補修としてコーキングを増し打ちする場合の値段は、1mあたり約500~900円です。

3.鉄部のサビの補修方法と価格

5~10年経つと、鉄・金属部に塗装された塗膜がはがれ、赤茶色のサビが発生しやすくなります。
放っておくと、穴が開き、内部まで腐っていってしまいます。
あるいはすでに、内部でサビが発生してしまっている可能性もあるので、早めに業者に来てもらい、対応してもらいましょう。

補修方法としては、「ケレン作業」でサビ・汚れや古い塗膜を落とし、サビ止め塗料を塗布する方法が一般的です。

【サビの補修費用相場】

ケレン作業、およびサビ止め塗料で塗装する費用の合計は、500~1,000円/㎡程度ですが、サビの状態が激しい場合には2,000円/㎡近くなることもあります。

ただし、金属サイディングやトタンの外壁などで、全体的にサビがひどい場合は、サビを落とすのではなく、外壁材を丸ごと張り替えたほうが良いかどうか、業者に相談してみましょう。

4.穴・へこみ・欠け・傷の補修方法と価格

外壁に穴やへこみ、欠けや割れ、大きな傷がある場合には、雨漏りの原因になってしまう可能性があるため、できる限り早めに修理をお願いしましょう。

補修の仕方は素材によって異なりますが、「パテなどで穴を補修後に、周囲と近い色の塗料で塗装する」「サイディングボードを部分的に張り替える」などの方法があります。

【穴・へこみ・欠け・傷の補修費用相場】

外壁の穴や傷は、大きさにもよりますが、1箇所につき1~6万円程度で補修できる場合が多いです。

5.カビ・藻・コケの補修方法と価格

藻やコケは、特に日当たりが悪い場所や、湿気の多い箇所に発生しやすく、やがてはカビの原因になってしまいます。
塗膜の防水機能が低下している可能性があり、また黒カビなどは人体に悪影響を及ぼします。
どんどん増殖してしまいますから、放置してはいけません。

あまり繁殖していないようであればDIYで洗浄することも可能で、この際は、水洗いかスポンジで軽く磨くのが基本です。
頑固な汚れの場合は、市販の高圧洗浄機を使用してもOKですが、塗装がはがれてしまう危険性があるため、なるべくプロの業者に任せたほうが良いでしょう。

【カビ・藻・コケの補修費用相場】

ご自身で掃除できないほどの、カビや藻・コケといった汚れを落としてもらう場合には、高圧洗浄費が約200~500円/㎡必要になります。

洗浄代の他に、養生や飛散防止ネット代もかかりますが、合計で2~5万円程度でおさまるケースがほとんどです。
ただし洗浄する範囲が広いと高額になってくるため、見積もり内容を必ず確認しておきましょう。

なお防水性が落ちていることを考えると、この機会に再塗装も検討してみることをおすすめします。

6.チョーキングの補修方法と価格

「チョーキング」とは、紫外線や雨の影響で塗膜が劣化することにより、塗料に含まれる白色顔料(酸化チタン)が、チョークの粉のように表面に浮き出る現象です。
外壁を手で触ったときに手に白い粉がついたら、チョーキング現象が起きていると判断できます。

太陽光がよく当たる場所は、特に塗膜の劣化が進みやすいため、チョーキング現象が部分的に発生することも決して珍しくはありません。
しかし塗膜の防水性が落ちてきているというサインであるため、外壁全体を塗装し直す必要があります。

【チョーキングの補修費用相場】

チョーキング現象が発生した外壁を修復するためには、高圧洗浄を行った後、全体の塗り替えを行います。

高圧洗浄代は1㎡あたり約200~500円です。
塗装費用は、人気の高いウレタン・シリコン・フッ素・ラジカルといった塗料を使用するのであれば、1㎡につき約1,700~5,000円前後です。

7.浮き・膨れ・はがれの補修方法と価格

塗装や外壁材の一部が浮いている・膨れている・はがれている、という状態は、外壁自体がダメージを受けている証拠です。
雨漏りが起きやすくなる他、壁の一部がはがれている場合は、落下する危険性もあるため、至急直してもらいましょう。

補修方法としては、素材や状態にもよって違うため一概には言えませんが、部分張り替え、もしくは塗装を行うことになる場合が多いでしょう。
あきらかに塗膜のはがれ・膨れであれば再塗装になりますが、内部まで影響している場合は、下地の交換が必要な可能性もあります。

なお塗装しか対応できない業者も多いため、塗装と張り替えのどちらが良いか相談したい場合には、複数のリフォーム会社に見積もりを依頼し、提案内容を比較するのが無難です。

【浮き・膨れ・はがれの補修費用相場】

部分的な塗り替えや、サイディング・タイルの部分補修・一部張り替えで済むこともありますが、症状が出ていない箇所も劣化してきている確率が高いため、全体を塗装するよう勧められることも多いです。

また、モルタルやサイディングが部分的に膨れ・はがれている箇所の修理や補強であっても、範囲によっては総額15~40万円、雨漏りの危険性があるようなひどい状態だと100万円超えてしまう可能性も考えられます。

劣化具合や築年数によっては、外壁材を全体的に張り替えたほうが良いでしょう。
下地に問題がなさそうなら、重ね張りで対応できる場合もあります。
モルタルの外壁の上から、サイディング材を重ね張りすることも可能です。

まずは現地調査してもらい、どのような工法が向くか判断してもらいましょう。

外壁全体の補修が必要な場合の費用相場

建物の築年数や劣化具合により、外壁全体の塗装や張り替えが必要な場合費用についても触れておきましょう。

こちらでは、施工する外壁の面積が100~200㎡の場合の価格帯について解説します。
(※いずれの工事も、足場設置費や諸経費などが別途かかります。)

塗装

塗装価格は、耐用年数7~15年のシリコン塗料を使うなら2,300~3,500円/㎡、耐用年数12~20年のフッ素塗料であれば3,500~4,800円/㎡、と塗料の質によって変動します。
また塗装費の他、高圧洗浄費約200~500円/㎡も発生します。

補修費や足場設置代なども加算すると、合計で約60~180万円になる場合が多いです。

重ね張り(カバー工法)

既存の外壁材に大きな劣化がなければ、上から新しいサイディングボードなどを重ね張りできます。
「カバー工法」とも呼ばれ、新しく張り替えるよりも価格が安く済みます。

最も軽量な金属系サイディングを重ね張りする場合は、材料費が約4,000~5,000円/㎡、工事費が1㎡あたり約2,500~3,250円/㎡かかります。

最終的に足場代などもプラスされると、総額150~200万円程度になります。

張り替え

築30~40年ほど経った建物や、全体的にサイディング材が反っている箇所が多いという状態であれば、既存のサイディングをすべて張り替える方法が適切です。

新たに採用する窯業系や金属系のサイディング代が約4,000~5,000円/㎡、張り替え工事費が約1,850~3,000円/㎡、既存の壁材を撤去する費用が約800~1,000円/㎡です。

トータルでかかる費用は、150~230万円くらいと考えておくと良いでしょう。

外壁の補修・修理は火災保険を活用可能

台風・大雪・豪雨などの影響で、外壁が破損・雨漏りしてしまった場合には、火災保険の補償対象となるケースがあります。
地震保険にも一緒に加入しているようであれば、地震によって外壁にひびが入ってしまった時なども保険金を受け取れる可能性が高いです。

火災保険の知識があるリフォーム会社に相談し、保険金を活用できる工法を提案してもらうと確実です。

外壁の補修・修理業者はどう探す?

外壁のリフォームに対応している業者はたくさんありますが、企業によって得意分野は異なります。

選び方の基準の一つとして、外壁劣化診断士・雨漏り診断士・住宅診断士などの有資格者が在籍するリフォーム会社を利用すると、建物に最適な修理方法をプランニングしてもらいやすいです。
修理経験が豊富な業者であれば、火災保険に詳しいスタッフに出会える確率も高いでしょう。

外壁のカビやひび割れを長い間放置してしまうと、いずれは腐食してしまい、家が傾いたり、倒壊したりする恐れがあるため、できる限り早めに業者に相談しておきましょう。

相性の良いリフォーム会社に出会えれば、予算やローン計画にも配慮しながら、適切な方法で補修してくれるはずです。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 8794
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

リフォーム会社

リショップナビは厳格な加盟審査を通過した優良リフォーム会社を無料でご紹介するサービスです。ご希望に合う複数のリフォーム会社から見積もりをとって、納得のリフォーム…

おすすめのアイデア

話題のキーワード