街の家

この家が建っている場所は、大規模な土地区画整理事業によりリニューアルした街区の東の入り口に位置しています。周囲には中・高層のマンションやオフィスビルが建ち始めた、所謂“街なか”です。この地域のシンボル道路沿いは歩道の幅も広く公共の植樹やベンチの設置などにより整備されていますが、この家の面している道路は一般の区画道路なのでそういった施設はほとんどありません。
このような立地条件にあって、この家では、駐車スペースとしてコンクリート舗装した一角に植栽を施し、家族のみならずこの街区を行き来する人々にとっても一服の清涼剤となるような空間演出が為されています。

樹種は、葉の色が変わったり花を咲かせたりして1年を通じて何がしかの変化が楽しめるような樹木の組み合わせで選定されていて、縦と横のライン及び白と黒を基調とした統一感のある建物の外観やコンクリート打ちっ放しのファサードとの相性も良好です。


こちらにコラムを掲載しております。
http://sumai.nikkei.co.jp/style/slowlife/15_1.html

  • 973
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 973
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

静岡県浜松市の設計事務所です。人と主(自然)との関わり合いが深い建物、住宅はもちろん、保育園、カフェレストラン、喫茶店、診療所、寮、マンションなどのガーデンを含…

おすすめのアイデア

話題のキーワード