通り抜け土間の家

変形敷地を生かし2世帯の住宅と車庫を結んだ、流れるように繋がった屋根は厚さ12cm幅24cm長さ6mの登り梁の連続で構成されています。
社寺建築に精通した棟梁は自ら杉の貯木場で原木を選別し、製材も自ら立会い指示して挽かせました。芯去り材を基本とする木取りや長さも大きさも迫力あるたいこ梁など見所満載です。
戦後、我々が無くしてしまった集まって住むという半農家的なこの家の暮らし方は、これからの時代の家族にとっては必要な住まい方ではないかと思います。

----------
2008 木の住まいデザインコンクール2008・優秀賞を受賞

  • 782
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 782
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

静岡県浜松市の設計事務所です。人と主(自然)との関わり合いが深い建物、住宅はもちろん、保育園、カフェレストラン、喫茶店、診療所、寮、マンションなどのガーデンを含…

おすすめのアイデア

話題のキーワード