中心に光と風を取込んだリノベーション

35年前に建てられた木造住宅。子世代へと引き継がれたいま、既存間取りと生活スタイルの不整合を整理して「いま」と「これから」の暮らしに合わせてリノベーションしました。
普段使いしない和室と縁側が大きな面積を占めバラバラとなっていた各室。光が射し込む階段を中心とした回遊動線によって繋ぎました。
冬は寒くて夏は暑い。快適とは言い難かった居住環境を断熱性能の向上と自然採光と通風を可能にするハイサイドライトの導入により実現しました。階段上に新たに設けられたハイサイドライトは電動開閉により暖められた熱気を排出し、通風を促進します。

  • 665
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 665
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

大手組織設計事務所に在籍していましたが、より建築主様に近いところ(建物)で設計し、建物が完成した喜びを共に分かち合いたいという想いから独立。大小様々なプロジェク…

おすすめのアイデア

話題のキーワード