都心MSで再現する和リノベで昔からずっとあるような懐かしさを

【物件探しからのスタート。「これまでの生活を続けられるような家」をつくるために。】
オーク材と畳が並び、縦横を黒の艶やかな柱や梁が走る、独特の静けさ漂う空間です。
地方から都内へ転居するためにお施主であるS様がリノベーションに選んだのは、東京都西部の閑静な住宅地に佇む築30年以上のRCマンションでした。
高齢での住み替えということもあり、S様がこれまでずっと住み慣れてきた古き良き日本家屋のイメージをできるだけリノベーションで再現したいという要望にどう応えていくかというところから計画がスタート。
様々な物件をピックアップし、選んだのが和室、静かな住宅地といった条件を備えたこのマンションでした。
リノベーションでは変更されることの多い畳や襖ですが、ここではお部屋のテーマそのもの。
むしろ残すことで愛着のある家具やずっと続けてきた習慣が馴染み、変化した生活環境の中に、以前からずっとあるような寛ぎを手に入れることができました。

  • 61323
  • 74
  • 0
  • いいね
  • クリップ


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 61323
  • 74
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

Cuestudio(キュースタジオ)は、“住まいと人”に合わせたご提案をし、お住まいの購入からお引渡しまでワンストップでお手伝いするサービスをご提供しています。…

おすすめのアイデア

話題のキーワード