外との繋がりを大切にしながら家族の居場所をつくった「居土の家」

計画地は花巻市の市街地。住宅やアパート・商業施設が隣接する場所でした。
オーナーからの要望はなにより家族が自分たちらしく過ごせ、それぞれの居場所がたくさんある家。日々の暮らしに対して機能的でシンプルであることも希望されました。

外部からの視線を適度にさえぎりつつ明るく開放的な室内外を求めて、大きく3つの庭を取りながら建物配置を決めて行きました。一つ目は玄関ポーチ前の迎えの庭、土間の前に大きく広がるクローバーの庭、最後に脱衣からの物干しスペースを兼ねリビングに明かりと風を届ける光庭。3つの個性ある庭が来る人や家族の暮らしを彩ります。クローバーの庭と室内との中間領域として大きな土間空間を配置し、外のつながりとして室内の延長として機能するあいまいな場所を用意しました。大きな本棚や物干しなども備え、暮らしの機能を果たしながらリビングとの段差に腰掛けて本を読んだり、友達と話したりする縁側のような場所になることも期待しています。

また、室内は家族玄関から続く裏動線の先にキッチンや洗面・浴室などの水周りへとつながり、家事動線をコンパクトにまとめています。
リビングの大きな吹き抜けの先の2階には個室が並びます。また、家族それぞれのカウンターが書斎やママコーナー、階段下のスタディーコーナーに用意されています。

家族みんなが集まるリビングを中心にそれぞれの居場所がちりばめられた家となりました。

  • 1293
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1293
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

はじめまして、こんにちは。宮城県仙台市に拠点を置く設計事務所「建築工房DADA」です。戸建住宅を中心に、集合住宅やクリニック、店舗等を数多く手がけています。私た…

おすすめのアイデア

話題のキーワード