TEPPAN AJIMARU

神奈川県で30年に渡り営業してきた老舗鉄板焼店「あじ丸」が、オーナーの高齢を理由に閉店することになり、その意志と味を受け継ぐ若き料理人から、長年愛されてきた「あじ丸」の良さを残しつつ、新しい世代にも「あじ丸」の味を広められるお店づくりをご希望されました。

店舗に必要な要素は「世界観」。人を引き寄せる魅力的なお店は、細部に渡って気を抜くことなく完璧な世界観を持っています。新生「あじ丸」においても、この世界観を表現することがとても重要だと考え、店舗のデザインをする前に、「あじ丸」のブランディングから行うことをご提案しました。
新生「TEPPAN AJIMARU」には「R30」というブランディングテーマを持たせ、独身世代と子育世代が混在するリアルな30歳台が通いたくなるお店を目指し、看板デザイン、インテリア(内装装飾)などの建築に関わる部分から、ロゴデザイン、メニューブックの作成や、コースター、テーブルマットなどの備品類、スタッフの制服デザインまで細部にわたって統一感を持たせた世界観を造ることをご提案。

元々、純喫茶だった店舗を改装。バブル期に建てられた店舗はデザイン性や使用している部材のポテンシャルは高いものの、歳月を経て劣化が進んでいる状態。限られた予算の中で、本来なら見栄えするものに予算を割きたいところも、見えないところの修復を行いながらの施工となり、既存のカウンターなどを再利用するなどしてコスト調整つつも、「R30」の目の超えたお客様にも満足していただける空間づくりを心掛けました。

  • 938
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 938
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

奈良を拠点に大阪、京都で新築・リフォーム・店舗の設計から施工までワンストップで行う工務店です。お客様との対話から生まれるジャストフィットのデザインをご提案します…

おすすめのアイデア

話題のキーワード