house-UT 薄く深い屋根の黒と杉板の佇まい

薄く深い軒は機能的な“日射遮蔽”の役割と深く出す事により生まれる軒下空間利用の役割があります。また意匠的には深く出すことで構造上重厚な形状になり上品な印象を欠くことを避けるため、細部に拘り薄く、薄く作ることで洗練された印象を与えるように外観デザインとしました。内部空間は断熱性能を上げる事で良点の増す大きな吹抜けを設ける事で家族の存在を感じられる、温熱的にも均一化された居住空間となる計画としました。太陽の陽が入り風の抜ける畳の上での寛ぎは最高の至福の一時。意匠的、機能的、温熱的にバランスを考えた心地よい住まいです。

薄い屋根・深い軒・黒い外観・杉板外壁・低い佇まい・畳リビング・堀炬燵・木製玄関ドア・吹抜・造作出窓・断熱性能・パッシブデザイン

  • 1316
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1316
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

栃木県宇都宮市で住宅や店舗の設計を行っております。光や風が通り抜けて、素材そのものの質感を生かした使い方が好きで、それらを組合せたシンプルな建物が好きです。設計…

おすすめのアイデア

話題のキーワード