大きな円弧のあるすまい

マンションでももっと大らかな空間で暮らせる間取りがあっても良いのではないか、と考えました。住戸の中で最大距離を取ることができる対角を半径30mの大きな曲面壁でつなぎ、住戸を二分しています。壁を曲面にすることで距離感が掴みにくくなり、対角を結ぶ距離の効果はさらに強調されるからです。物理的な距離と知覚の操作によって、広々とした大らかなリビングをつくり出すねらいです。
曲面壁の凹側は「巣」をイメージした空間。抽象的な白く広いリビングとは対照的に、木で仕上げた寝室とダイニング、キッチンを配置しています。壁のカーブはこの場所を囲まれた空間として想起させます。マンションにも住人が建物に守られていると感じられる空間性を与えようと考えました。

  • 798
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 798
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

歴史や慣習、作法、環境など空間にまつわる全ての背景を取り込み、その秩序や思い込みのタガをそっと緩めると、新しい暮らしや社会、空間のあり方が見えてきます。私たちは…

おすすめのアイデア

話題のキーワード