表札をDIY

シンプルながら、オリジナリティのある表札に憧れて、自分で表札をつくりました!
実は、ガラスのお皿を加工したものなんです。

  • 5257
  • 25
  • 0
  • いいね
  • クリップ

表札

念願の一戸建てに引越ししました。
そこで悩んだのが表札です。
我が家は、メールボックスとインターフォン一体型の商品に、表札用のプレートが備わっていました。
これにアルファベットのシールを貼る、という簡易なものでした。
少し味気ないのでオリジナルの表札を用意しようと、ネットや表札屋さんを調べてみましたが、なかなかコレといったものに出会えませんでした。
それなら自分でつくろう!と思い立ちました。

それなら、表札をDIY!

まずは、プレート探しです。
なるべく平らで、ほどよい厚みがあって、オシャレなもの・・・と考えてでた結論は「ガラス製のお皿」です。
スガハラガラスの「アシエット 15cm角皿(クリアー)」がサイズも厚みも理想的でした。

ガラスプレートへの文字彫りと穴あけ加工

ガラスの加工は、ホームセンターで購入した、ハンドルーターという工具を使いました。
ルーターの先は、ビットという回転するダイヤモンド砥石をつけます。表面加工用と穴あけ用のビットを購入しました。

文字彫りは、お皿の内側にデザインをテープで貼り、これをなぞるようにルーターで傷を付けていきました。
ちょうどお皿の底の部分に彫り入れ、表札として飾った時に、掘った面は背面になるようなイメージです。

ネジ穴の穴あけは、位置に注意しながら水をかけて行いました。あっという間に穴が開きました。
一人でやったため、作業に精一杯で写真を撮り忘れました・・・

完成!

  • 5257
  • 25
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

私は、生まれも育ちも横浜で、いま4歳になる甥っ子ラブのOLです!雑貨屋さんめぐりが大好きで、小さいパーツを集めては、インテリア雑貨を手作りしています。たまに、大…

おすすめ

話題のキーワード