インテリア本が300冊以上読み放題☆流行の"ブックカフェ"がオープン!〜 RENOVATION BOOK CAFE〜

カフェブームと言われて久しい昨今、自分の時間の過ごし方に合わせてお気に入りのカフェを探す楽しみも増えてきていますよね。なかでも今話題となっているのがブックカフェ。その中でもインテリア好きには堪らない、”リノベーション”をテーマにしたブックカフェがあるのをご存知ですか?

howzlife
  • 12495
  • 94
  • 0
  • クリップ

恵比寿駅から5分!今、話題のブックカフェでリノベーションを楽しむ

都会の喧噪から一瞬離れて、お気に入りの本に囲まれて静かに読書しながらコーヒーを楽しむ。そんな楽しみ方ができるブックカフェがブームになりつつあります。確かにTSUTAYAとスターバックスのコラボレーションを見ても、読書とカフェって相性が良いのでしょうね。とはいえ、件のスタバしかり、街中のカフェってどうしても”静かに”読書を楽しむのにはなかなか難しいシチュエーションが多いものです。そんな想いから生まれたであろう「読書を楽しむ」ためのカフェとしてブックカフェなるものが注目されているのは当然ですよね。

恵比寿駅から代官山方面に歩いて約5分。駅周辺の喧噪からは離れた一角にある RENOVATION BOOK CAFE。2Fにはhowzlifeオフィスがあるのです。

さて、では早速ブックカフェに行ってみようかな、なんて思ったとしても、どんなジャンルの本が好きかは人によって千差万別。そのジャンルに特化したカフェの方がより深く楽しめますよね。特にLIMIAの読者であれば、多かれ少なかれインテリアやリノベーション、建築デザインに興味を持っている人が多いのではないでしょうか。そんな皆さんにお勧めしたいのがコチラのお店「RENOVATION BOOK CAFE」。お洒落タウン恵比寿の駅から程近いエリアに居を構えるこのカフェには、その道のプロがチョイスした、住まいとインテリアの本をたっぷり所蔵。もちろん店内のインテリアもコダワリが詰まった、とっても雰囲気のいいお店なのです。

ワンストップリノベーションショップ”howzlife”がプロデュース

先ほど、「その道のプロ」と書きましたが、実はこの「RENOVATION BOOK CAFE」、我がLIMIAでもおなじみのワンストップリノベーションショップ”howzlife”がプロデュースするお店。発展し続けるリノベーション業界の最先端の一角を担うhowzlifeが「インテリアや建築デザインに興味のある方々にもっとリノベーションというものを知って欲しい」と元々オフィス1Fにあったカフェをリニューアル。今年の11月に再オープンしたばかりのお店なのです。

ナチュラルインダストリアルなテイストで店内をリノベ

もちろんリノベのプロフェッショナルのhowzlifeがプロデュースするからには店舗内装も全てリノベーション済み。入り口を入る、とそこはモルタルやスチールを使った、お得意のインダストリアル調を基調としながらもウッド使いやプランター、グリーンをたっぷり使った、ボタニカルなテイストで溢れた店内。セレクト家具に加え、howzlifeオリジナルのブックシェルフやセンスのいい調度品の数々は、そのまま「こんなお部屋に住みたい」と思わせてくれるリノベーションのサンプルとしても一見の価値ありなのです。

お店に入ると、左側にはコーナーカウンターとカウンター席。右手にはモルタルの階段とテーブル席が。インダストリアルな風合いを大切にしながらも自然がいっぱいのモダンな空間が広がっています。ガラス張りで採光も充分な、明るく落ち着いた店内で読書を楽しめます

入り口すぐのスペースは採光の良さも相まって明るくモダンな印象。モルタルやスチール、ウッドなど各部の造作はもちろんhowzlifeのオリジナル。緑もたっぷり取り入れた心安らぐ空間なのです。
カウンター手前に据えられたブックシェルフはもちろんオリジナルで製作したもの。
柱に備え付けられたブックシェルフもオリジナル製作。このような細やかなアレンジができるのもリノベーションショップならではなのです。
モルタルの壁をちょっとアレンジするだけでお洒落なラックが。自宅にこんなスペースがあったら楽しい読書ライフが楽しめそうですよね。

更に奥へと進んでいくと、まるでリビングのようなカウチスペース。こちらは一転してシックで落ち着いた空間が広がっています。無垢材のフロアに組み木アレンジがされたウッドテーブル、そして壁一面を覆うウッドの大きな大きなディスプレイラックと、木の暖かさに包まれてるかのような心休まるスペースでくつろぎながら読書が楽しめる。そんな贅沢な時間が過ごせます。

奥の空間はさらに落ち着いた空間で纏められています。沢山の本とゆったりとしたソファ、普通のカフェではここまで贅沢な空間はなかなかありません。ブックカフェ、それもこのお店だからこそ、これだけ贅沢な空間で心休まるひとときを提供できるのです。
ソファの横には壁一面を埋め尽くす大きなディスプレイラック。このラックいっぱいにスタッフがセレクトした自慢の書籍達がギッシリ詰まっているのです。

ちなみに2Fエリアはhowzlifeのオフィスとミーティングルームになっています。こちらでは主にリノベーションの相談に来たお客様とのミーティングに使用するスペースだそうですが、それだけに使うのはもったいないくらい雰囲気のいい空間。ヘリンボーンの床にモルタルの壁、ウッッドやプランターなど、1Fと同様のテイストで纏めながらも、必要以上に華美ではないオフィス空間らしいテイストが好感度大なのです。

オフィス空間にしておくのがもったいない2Fエリア。ウッド使いとインダストリアルテイストが絶妙なバランスで盛り込まれたセンスのいい空間なのです。
見本帳の入ったこちらのウッドシェルフもhowzlifeオリジナルアイテム。素材の違いで3タイプあるとのことなので、気になる方は同店に問い合わせてみては?

インテリア関連の雑誌や本を中心に、レアな洋書も蔵書

所蔵される本はhowzlifeのスタッフがセレクトした他ではなかなかお目にかかれない蔵書ばかり。インテリア雑誌の最新刊はもちろん、専門書や写真集など、専門的なラインナップが現在は300冊程とのこと。特に洋書の品揃えは豊富で、珍しい写真集なども眺めているだけで楽しいのです。

そんなプロフェッショナルなスタッフが集めた蔵書ラインナップは「リノベしたいけどどんなのがいいかなあ」なんて方には大変参考になること請け合い。実際にhowzliveのお客様もここで様々な本を参考にしつつプランを練ることも多いそうです。しかも新しい本も常に入荷されているので、次はどんな本との出会いがあるのかな、なんて考えるとつい足が向いてしまうのではないでしょうか。香り高いコーヒーを楽しみながら、静かに理想のインテリアプランを夢想する、そんな贅沢な時間が過ごせることは間違い無しなのです。

インテリア雑誌は最新刊を始め、バックナンバーも所蔵されているのが嬉しいですよね。
季刊で発行しているhowzlifeのフリーペーパー”hlcafe”もこちらの店で読む事ができます。リノベーション情報が満載の”hlcafe”はリノベ好きならば要チェックですよ。

カラダに優しいカフェメニューも充実

シンプルに読書を楽しんで欲しい、との想いからメニューはフードなどのない、シンプルなドリンクのみ。コーヒーやラテはもちろん、ゆずはちみつやハニービネガーなどのカラダに優しいオリジナルドリンク類は特にお勧め。ドリンクにはちょっとしたお菓子も付いてくるのも嬉しいですね。

ゆずとはちみつを使ったスパークリングドリンク。温かいゆずはちみつティーもあります。ドリンクには必ずPetit TOMOの焼き菓子が付いてきます。
こちらはラテアートを施したカフェラテ。注文を頂いてから豆を惹いていれる香り高いコーヒーは読書の良いお供になってくれます。
挽きたてのコーヒーからこだわりのスパークリングまでメニューを取り揃えています。

RENOVATION BOOK CAFEの店内がみられるムービー
↓↓↓↓

本との出会いは一期一会。ライフスタイルを変える出会いを見つけてみませんか?

「良い本との出会いは人生を変えるきっかけになる」なんてよく言いますよね。それをこちらのカフェ風に言い換えると「良い本との出会いはライフスタイルを変えるきっかけになる」なんて言っちゃってもいいのかもしれません。勉強不足の筆者も盗み読み(?)しながら「こんなに色々リノベーションのスタイルがあるんだ」なんて思っちゃいました。インテリア好き、そしてリノベーションに興味のある方であればこのカフェで必ず新しい出会いがあるはず。次の休日はお散歩がてらに恵比寿に寄り道してみませんか?

RENOVATION BOOK CAFE
東京都渋谷区恵比寿西1-5-1 howzlifeショップ1F
℡:
営業時間:11:00〜18:00
定休日:水曜日&祝日(他お休みはHPでお知らせ)


Text:藤川経雄
Photo:塩谷佳史

  • 12495
  • 94
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード