日本の家づくりと木の関係

日本の家づくりというと、木造ですね。
世界では石造りや土の家がある中で、
なぜ日本は木造建てが
中心だったのでしょうか?

  • 408
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

日本の家づくりというと、木造ですね。
世界では石造りや土の家がある中で、
なぜ日本は木造建てが
中心だったのでしょうか?

それは、風土、文化、歴史が大きく関係していると言われています。

日本には昔から木材が豊富に存在しており、
私たち日本人の生活に身近な存在でした。

文明、文化の発展とともに寺社仏閣の建立から始まり、
造船や私たちの身の廻りで使用するようなものまでもが、
木材を使用するようになりましたね。

運搬や加工の技術が未熟な古代では、身近に豊富にあるものを
自分たちの生活に取り入れたといわれています。

そして、今なお私たち日本人の生活には木材が切っても切れない
存在であり、木造建ての家づくりもその歴史の現れですね。

人の手で守られている木材

こんにちは!西東京市を中心に
床下エアコンの家づくりをしている真柄工務店スタッフ
眞柄由紀子です。

日本に住む私たちの家づくりの基本は木造建築。
木造建築には様々なところで、木材が使われています。

フローリングや家具。
その中でも家づくりの基礎になる
骨組にも木材が使われています。

木材は1年や2年で伐採できる物ではありません。
一度植林をしたら、50年~60年を経て、
伐採され、加工されます。

それは、決して自然に放置して育まれるものではなく、
人の手で大切に大切に守られ、どの苗木を残して、
どの苗木を次へ受け継ぐのか。

全てが人の手によって守られてきたものです。

骨組に使われる木材

シロアリに食われてしまった。

なんていう家をテレビなどで拝見します。
実はシロアリって高湿度の国にしかいないんです。

シロアリに食われる原因の一つとして、
この骨組に使われる
材料が、国産ではなく、
湿度の少ない土地で育った木材が
原因のこともあるかもしれません。

そうなると基本のところから
こだわり、家づくりをしたいですよね。

無垢フローリングは最初の1-2年は、
調整が必要なこともありますが、

その家に馴染んでくれば、
30年、50年と使い続けることができるんです。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 408
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

初めまして真柄工務店代表の真柄です。弊社では自然素材をベースに、自社社員大工による施工精度の高い家つくりを行っています。結露を起こさない高断熱高気密住宅と、床下…

おすすめのアイデア

話題のキーワード