諦めなくてよかった、あの【極小スペース】が庭になる!

『庭なんて言えるほど広くない。』
『デッドスペースのようなものだから使い道がない。』
そう思って諦めていたあなたの家の庭やバルコニー、実は激変します。
実例写真で詳しくご紹介!『うちと同じくらいのスペースかも…』と目からウロコのスペース活用法に驚くこと間違いなしです。
諦めていたあのスペース、今話題の【彩木】で活用してみませんか?

  • 39978
  • 91
  • いいね
  • クリップ

諦めないで!【極小のスペース】の活用法あるんです!

小さくても効果は絶大!

狭小の庭にこそウッドデッキを設けると、その空間が劇的に生まれ変わるというこをご存じですか?どうしても「小さなウッドデッキを設けても効果は薄い」と考えてしまいがちですが、今回は写真の事例を基に、狭小ウッドデッキの効果を紹介していきます!

段差を解消して庭への誘導率を上げる

奥行きの短いウッドデッキでは、ゴロゴロと床に寝そべってくつろぐなど、遊び場としては利用できないでしょう。しかし、屋内と庭の段差を埋めるという点では、大きな効果を発揮します。
下の写真では、屋内の床の高さに合わせて、縁側のようなウッドデッキを設けています。
これにより、外と中との往来の容易さを高めているのです!

変化のある充実した庭に仕上げる

この庭にウッドデッキを設けたことで、庭の充実度もグッと高まります。
どうしても、狭小の庭では「何もない」という状態になりやすく、ひいては「出ていく理由も何もない」という結果に陥ってしまいがちです。そのようになると利用されない空間となり、とてももったいないことになってしまいます。
狭いからこそ「貴重な庭」であるという考え方もできます。
ウッドデッキだけではなく、色々なエクステリアを検討して、「狭くても大好きな庭」を作り上げてください!

狭くても作れる!充実空間

バルコニーは家と外をつなげる住まいにおける数少ない半外空間です。半外空間はさまざまな恩恵を日々の暮らしにもたらしてくれます!

もし、「狭いから」という理由でそれほど活用していないバルコニーがあるなら、「できること」を模索していくことをお勧めします!
典型的な利用方法である第2のリビング空間や、バーベキュースペースとすることはできないかもしれませが、暮らしに彩りを与えてくれる空間として活用することは可能です!



一人用の小さなカフェ空間に
限られた空間でも、椅子を一脚設けることでゆっくりと憩える癒しの空間に様変わりします。読書をしたり、物思いにふけったり、夜空を眺めながら晩酌を楽しんだりと、開放的な一人空間を作ることができます。

箱庭のように作り込む
バルコニー自体を趣味空間にする考え方です。鉢植えを並べたり、床材の代わりに玉砂利を敷いたりしながら、空中の箱庭を造り上げれば、暮らしの中に華やかなスペースが一つ増えることでしょう。

手すり部分を草花で飾る
ヨーロッパなどの西洋建築の住居で良くみられるバルコニーの利用方法です。人が出られない狭い空間にも積極的にアクセントを作り、生活を楽しむ姿勢が伺えます。草花で飾られた窓と小さなバルコニーは、内側からだけではなく外から見ても心地良い光景でしょう。

あきらめなくてOK!狭小の場所にこそ

屋内のスペースを確保するために、敷地境界線に迫る勢いで、建物を配置するケースは日本の一戸建てではよくみられます。その結果できあがるのは、人ひとりが通れる程度の幅の狭い細長い外構部分です。
この部分がデッドスペースとして、あまり利用されないことは多いのではないでしょうか。そんな場所にウッドデッキを設ければ、暮らしのシーンを増やす意味のある場所に変身します!2階以上のバルコニーにも当てはまります。

バルコニーと屋内の連動性を高める

写真のバルコニーは、幅が1メートル程度と狭い設計となっています。
しかし、屋内の床高に高さを合わせてウッドデッキを配すると、リビング空間が1メートル広くなる効果を得ることができます。
1メートルも広くなると、そこに立てば印象は随分と変わると思います。

写真をよく見ると、バルコニーの幅に合わせた結果、外側の彩木の板材はカットされて非常に細くなっています。
天然木と同じように、彩木ウッドデッキも板を加工することが可能で、デザインにも融通が利きます。
狭いバルコニーでもウッドデッキを配することで、窓をオープンにする時間も増えると思います。外の風を屋内で感じることもでき、暮らしのシーンに深みもプラスされることでしょう。

おススメ!空間の有効活用方法

彩木で内履きの空間に仕上げる

幅の狭いバルコニーやベランダに採用された彩木ウッドデッキの実例を見ていきます!
ヒトが一人通れるだけの幅の狭い2階以上の半外空間は、都市部の住宅密集地でよくあります。
狭いだけに何も工夫を施さなければ、普段の生活の中で気にかけない、なかなか利用する機会のない空間になる可能性は高いでしょう。

このような空間の有効利用でお勧めの方法は「内履きの場所に仕立てる」です。
そうすれば、バルコニーやベランダ専用の外履きを用意することも履物を脱ぎ変える必要もないので出入りが一つ容易になります。気軽に出られるなら例え狭い空間であっても気分転換に外の空気を吸いに出るなど、利用頻度も向上するのではないでしょうか。

内履き空間を維持する彩木の特徴

内履き空間を設ける方法の一つが、彩木ウッドデッキの敷設です。
もちろん風雨にさらされる外に施工するので汚れは気になるところでしょう。
ただ、彩木ウッドデッキは汚れを定着させない表面構造であり、耐水性もあり美しさを維持しやすくなっています。彩木特有の天然木の深みある表情は、どのような開口部の建具や外壁素材ともマッチします。

有効活用できていないバルコニーやベランダがある方は、彩木を検討してみてはいかがでしょうか?

汚れや水にも強いので安心♪

幅の狭いバルコニー(ベランダ)の実例を紹介します!下の写真のように床板と共にバルコニーの壁も彩木シリーズで揃えると木調が際立つので、木のフローリングが敷かれた屋内との連続性がより高まります
また、高さのあるバルコニーの壁を採用すると外からクローズした空間に仕上がります。
これらの効果により、写真の実例は「内履き空間」という印象が強くなっています。このようなデザインであれば「窓を開けて少しバルコニーに出る」という行動も日常生活の中で自然と生まれるのではないでしょうか。

汚れや水にも強いので安心 
植栽を置くのも狭いバルコニーやベランダを利用する点では有効です!
定期的な水やりや様子の確認にこの空間を利用することになります。この場合、気になるのが水やりに伴う床への泥の流出です。これを防ぐのに最も効果があるのは、鉢植えの下に受け皿を敷くことでしょう。
しかし、彩木ウッドデッキであれば受け皿のない植木鉢が置かれている実例も多くあります。
彩木ウッドデッキは汚れを寄せ付けない表面構造をしており、なおかつ水にも強い特性です
そのため掃除のしにくい狭い場所における白い床でも、長く美しく空間を飾ってくれます。さっと水を流せば表面に落ちた泥は洗い流せます。

もっとバルコニーの実例を見てみる!

バルコニーの一部を〇〇にする利点!

ご自宅のバルコニーやベランダ、屋上空間をご活用出来ていますか?
今回はバルコニーの一部を〇〇にする利点をご紹介していきます。

[PR] MINO株式会社

  • 39978
  • 91
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード