庭木にもおすすめ!オリーブの木の育て方と実を使ったレシピ

庭木として人気があるオリーブの木。地中海を中心に広まっていますが、日本の環境下でも育てやすい品種です。鑑賞用だけでなく実を活用するなら、実らせるためにいくつかの条件が必要です。オリーブの木を上手に育てる方法をはじめ、なった実の活用法についてお伝えします。

  • 8837
  • 61
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【目次】
・オリーブの木の選び方
・オリーブの木の種類
・オリーブの木の育て方
・オリーブの実をつけるために注意したいこと
・オリーブの木を剪定する
・オリーブオイルのレシピ
・オリーブの実を使った塩漬けレシピ
・オリーブの実を楽しむために

オリーブの木の選び方

オリーブの木といってもその種類は多く、葉の形や木立の広がり方、実のつき方などがそれぞれに異なります。観賞用として選ぶなら姿を重視すればよいのですが、実を活用したいなら詳しく確認する必要があります。

自家製オリーブオイルを作りたいなら含油量が多い実のなる種類のものを、ピクルスを作りたいなら果肉部分が大きく柔らかいものなど、活用法によって好みの品種を選んでみましょう。

また、植える場所についても前もって確認する必要があります。種類によって、縦に伸びやすかったり横に広がりやすかったりと、成長の仕方が違うからです。オリーブの木を選ぶ前に、その目的を決め、どんなタイプを求めているのか考えてみましょう。

オリーブの木の種類

鑑賞用ではなくオリーブの実を活用したいと思うなら、まずは実の使い方を考えた品種選びが大切です。生育具合や実のつき方に合わせた種類を選んでみましょう。ここでは、それぞれの特徴から、いくつかの品種を紹介します。

➢ ピクルスにしたいなら

・マンザニロ……実成が良い上、皮や肉が柔らかく加工しやすい果実で、ピクルスを作りたい場合には最適な品種です。含油量が10%前後と少なく、オイルを作るのには向いていません。樹高は低めで、横に広がりながら成長するため、庭木にもおすすめです。

・マスコナーラ……大きな楕円形の実がなり、主にピクルス加工用として使われています。実が熟しても明るい色を保つため、見た目もさわやかです。大きくて濃い葉を持ち、幹からは長い枝が出にくいため、樹形を乱しにくいのも特徴的。形を整いやすいため、観賞用にもおすすめです。

➢ オリーブオイルを作りたいなら

・ネバディロ・ブランコ……日本で人気がある品種のひとつで、鑑賞用としても親しまれています。成長が早いのが特徴的で、含油率は17%程度。実が柔らかすぎるため、ピクルスのような加工には向いていません。やや横に広がるように育ちます。

・ルッカ……こちらも含油率は約20%以上と高く、オイルを作るのに最適です。品質の良いオイルが絞れるのだとか。生育が早く、実は小ぶりながらも多くつくため、量も確保できます。横に広がりながら成長しますが、細い枝が上に伸びてしまうため、適度な剪定が必要です。

➢ オイルもピクルスも作りたい場合
・ミッション……成長が早く、実が大きく育つことから人気の品種。含油率は15%前後で、オイルも取りやすい。縦に伸び、枝葉が多いので適度な剪定が必要です。国内でのオリーブ栽培にも多く使われます。

・スプレッチーノ……スペイン産が主流な中、こちらはイタリアが原産の品種。丸みがあり、先がとがった葉が美しく、観賞用としても人気です。丸みのある楕円形の実がつきます。

オリーブの実をつけるために注意したいこと

オリーブを実らせるには、2本以上の木を植える必要があります。おしべとめしべが交配できるように、近い場所で複数のオリーブを植えるようにしましょう。

同じ品種に限らず違う品種を植えることで、受粉のしやすさが変わります。実のなる木の品種を選んだあとは、片方を花粉が多いものを選ぶと受粉しやすくなります。花粉量が多い品種として、ネバディロ・ブランゴやスプレッチーノが人気です。

オリーブの木を剪定する

オリーブの木は品種によって、枝の伸び方や広がり方が違います。特に、葉が多くつくものは蒸れやすく、風通しが悪くなるため、受粉もしづらい傾向にあります。伸びすぎた枝や弱い枝を剪定し、成長を促しましょう。

切る位置は、枝分かれをしている付け根の部分。内部まで日が当たるように、日当たりなどを選んで切るとよいでしょう。ただし、注意したいのは、枝先を全部刈り込まないようにすること。その年に伸びた枝から次の花と受けるため、切り落としてしまうと花が咲きにくく、結果的に、実成が少なくなります。

オリーブオイルのレシピ

では、実際に、実ったオリーブを使ってオイルを作ってみましょう。
2キロ程度のオリーブから、約200cc~300ccのオイルが絞れます。用意するものは、ボウル、厚手のビニール袋、油こし用の紙やタオルです。オリーブの実はアクが強いため、ビニール手袋を着けて作業を行いましょう。

作り方
1. 熟れたオリーブの実を洗い、ボウルに入れ、麺棒や瓶などの重いもので実をつぶす。もしくは、フードプロセッサーかミキサーを利用し、荒くつぶす。
2. 1を厚手のビニール袋に入れ、30分~1時間程度、手でもむ。油が抽出されはじめ、オイルと果肉が分離し始めます。
3. ボウルに油こし用の紙かタオルをしき、その上から2を注ぎ、果肉とオイルを分け、絞る。
4. 絞ったオイルを一晩置き、翌日、分離した果汁とオイルをスプーンなどで分ければ完成。

オリーブの実を使った塩漬けレシピ

オリーブの実で作る塩漬けは、タルタルソースに入れたり、そのまま食べたりと料理にも活用しやすいもの。ピクルスの下準備としても欠かせません。基本の塩漬けを作ってみましょう。

用意するものは、あく抜き用の苛性ソーダと塩だけ。苛性ソーダは、オリーブの実の重量に対して、1.8%になるように水に溶かします。また、塩は水に溶いた状態で実の重量に対し4%になるように準備しておきます。

1. オリーブの実を軽く水洗いし、水に溶いた苛性ソーダに12時間以上つけ置く。実が浮かないように落とし蓋をする。
2. 漬け汁が茶色に色づいたら、一旦引き上げ、新しい水を入れてもう一度つけ置く。水の色が変わるたびに、2日~3日繰り返す。
3. 透明な水の状態が続いたら、水から上げ、下漬けとして塩水につける。2日ほど冷暗所に放置。
4. 下漬け後は、一旦引き上げ、水洗いをし、新たに作った4%濃度の塩水に漬け直して完成。

オリーブの実を楽しむために

オリーブの木は、見た目の良さだけでなく果実がなるのもうれしいところ。好みの品種を選びながら、オリーブオイルを絞ったり、塩漬けに加工したりと、自家製レシピを増やしたいですね。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 8837
  • 61
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード