冷めても美味しいお弁当カレーの作り方。

お弁当にカレーって...ロマンです。
カレー好きにはたまらないお弁当カレー。

学校や職場に電子レンジがあれば
保温容器があれば簡単にクリアできる問題も

保温容器が重い、とか
容器を何個も持っていくとかさばる、とか
匂いが移るから使いたくない、とかとかとか。

そんな方はこちらの作り方で試してみてください。

  • 29431
  • 334
  • 2
  • クリップ

毎日続くお弁当だから、力を入れ過ぎずに。

冷めても美味しいお弁当は少しのコツで
美味しく作れてしまうかも☝︎


肩の力を抜いて
毎日続けられるシンプルなお弁当いかがですか?

本日はこちら冷めてもなかなかイケルと好評なドライカレーの作り方を。

材料

豚挽き肉  300㌘~400㌘
玉ねぎ   1/2
人参    1/2
椎茸    3~4個

カレー粉  大さじ2
ケチャップ 大さじ2
オイスターソース 大さじ2
醤油    大さじ1
水     半カップ     
本だし   小さじ1
砂糖    小さじ1

好みで濃さは調整してください。
今回は和風ドライカレーです。

ノーマルがお好みの方は椎茸抜きで
本だしをコンソメにでも変えてください。

豚肉の脂を取ることからスタートします。

まずはこちら

ひき肉をさっと湯がきます。

フライパンにお肉がかぶるくらいのお水を沸騰させます。
沸騰したら火を止めてお肉を投入。

余熱で十分に火が通りますので
すかさず泡だて器などで混ぜます。
固まらないようにぐるぐるぐるぐる。
ぐるぐるぐるぐると。

ざるにとっておいておきましょう。

こうすることで余分な脂は無くなり
冷めてもお肉の脂で白くなりません。

ちなみに脂身の少ない赤身の部位なら必要ありません。

野菜を炒めます。透き通るまで炒めますー。

今回は
椎茸なんか入れて和風ドライカレーにしてしまいます。

画像では椎茸投入前ですが.....

我が家は本だしを入れるカレーが鉄板なので
椎茸との相性抜群です。

時間のある方は玉ねぎがあめ色になるくらいまで炒めてください。
また深みも旨味も違うと思います。

我が家は....時間がないのでやりません。てへ。

調味料をすべて混ぜて
汁気がなくなるまで
じーっくり
じーっくり
炒め煮していきます。

味見をしながらお好みで家庭の味を。
分量はお好きに調整してください。
分量はお弁当用に少々濃いめですが
まだ濃さが足らない方は最後に塩なんかでどぞ。


ただ、楽ちんだからと
市販のカレールーは使用しないでください。
こちらには
動物性の脂が含まれているものが多く
せっかく豚の脂を除いたのに台無しになってしまいます。

簡単に出来上がりました。

前日に作って保存容器にでも入れておけば
朝はとっても楽ちんです。
寝かせる事で味も馴染んで旨み倍増。

脂を抜く工程は冷めたお弁当のためにあるので
温かく食べられるときは必要ありません。
もちろん市販ルーも大歓迎です。

あくまで、冷めたお弁当でカレーを美味しく食べる方法です。

少しのコツで冷めても美味しいお弁当、いかがですか??

  • 29431
  • 334
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー