犬は飼い主の『休日』を理解している?

休みの日になると、愛犬がうれしそうに近寄ってくる…。そんな様子を見て「休日だとわかってる?」と思うことがあると思いますが、実際犬は飼い主の休日を理解しているのでしょうか?

  • 429
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

犬は曜日や休日という概念を持たない

飼い主さんの休みになると犬がベッドに起こしに来たり、朝からうれしそうにおもちゃを持ってきたりする姿を見て、「今日が休みだって理解しているのかな?」と感じることはありませんか?

しかし、犬はそもそも曜日や時間の概念を持たない動物なので、「土曜日だから遊んでもらえる」「月曜日だから今日から飼い主さんは仕事だ」などという理解をすることができるわけではありません。

生活をする中で、犬が時間や曜日を理解しているように感じることも多いと思いますが、それは飼い主さんの行動や様子、生活パターンなどから判断していると考えられています。

いつもと違う飼い主の行動で判断する

犬が飼い主さんの休日を理解しているような様子を見せるのは、曜日そのものを理解しているわけではなく飼い主さんの行動の変化を見て判断していると考えられています。犬は“いつもと違う”ということに敏感に反応するので、飼い主さんが休日にだけ行う行動や態度から「今日は飼い主さんが家にいる日(=休日)だ」と理解するのでしょう。

飼い主さんが規則的な仕事をしている場合は基本的に同じ時間に起床すると思いますが、休日になると起きる時間が遅くなるなどの変化が見られます。このような“いつもと違う”を観察し、その行動が見られる日は休日だと結びつけて理解するようになるのです。

飼い主さんの行動の変化から休日を理解しているため、飼い主さんがお出かけしてしまう場合は休日であっても仕事であってもその違いに気がつかないことも多いようです。飼い主さんが休日に家にいることが多い場合は、たくさん遊んでもらえたり長い散歩に出かけたりと犬にとってうれしいことが起こりやすいのでとてもよく理解します。

つまり、休日ということよりも「飼い主さんが外出しない日」を把握しているのだと思います。

犬は生活サイクルや習慣への理解が早い

犬が飼い主さんの休日=外出しない日を把握しているのは、飼い主さんの起床時間の変化など生活パターンの違いから推測していると考えられています。「いつもはやや薄暗い6時に起きる飼い主さんが、日の高い9時まで寝ているときは家にいることが多い」などというパターンの変化が、数日周期など一定のサイクルで訪れるとそれが休日だと理解します。

犬は、パターン化したリズムやサイクルを理解することがとても得意です。その反対に応用が苦手だと考えられており、しつけトレーニングにおいても場所や景色が変わるとこれまでできていたことができなくなってしまうことがあります。

そのような特性から、犬は飼い主さんの行動をよく観察し、仕事に行く日のパターンや休日=外出しない日のパターンをしっかりと把握できるのです。

まとめ

犬は飼い主さんの休日を理解しているような行動を見せることがありますが、人間のようにカレンダーを見て曜日やスケジュールを把握しているわけではありません。ですが、飼い主さんの行動や様子の変化から、“いつもとは違う”ということに気がついて休日を理解するのだと考えられています。

愛犬がそうした変化に気が付けるのは、いつも飼い主さんのことを見つめているからこそ。そして、休日は飼い主さんとたくさん遊ぶことができるとわかっていてそれを心から待ち望んでいるのです。そんな気持ちを考えると、ますます愛犬のことが愛おしくなりますよね!

  • 429
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。

おすすめのアイデア

話題のキーワード