え!?わたし、間違ってた……手指消毒剤の正しい選び方

日常的に使うことが増えた菌やウイルス対策グッズ。商品をよく見てみると「除菌」や「抗菌」「消毒」とそれぞれ表示が異なり、「どれを選んだらいいの」と、思ったことはありませんか? 実はそれぞれに菌に対する効果が全然違うんです。そこで今回は、それぞれの言葉の意味と、消毒アイテムの選び方、正しいアルコールでの消毒方法をご紹介します♪

  • 12189
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

適切な手指消毒剤、選べていますか?

寒さや乾燥が気になる冬は、ウイルスや菌の対策が一層必要になってきますね。

薬局やホームセンターなどに行くと、さまざまな対策グッズがありますが、除菌や抗菌、消毒……と商品によって使われている言葉が違うのを目にしませんか? まずは、それぞれの違いを確認しましょう。

●除菌
言葉の通り、菌をのぞいて減らすこと。菌を殺す、無毒化するのとは違います。
●抗菌
菌を殺したり減らしたりするのではなく、菌の繁殖を抑えたり、菌が定着しにくい環境を作ること。
●消毒
病原性のある微生物を害のないくらいに減らしたり、死滅させたり、無毒化すること。


掃除に使う家庭用品にも除菌や消毒という表示があるため、手指の消毒に使う場合は肌に触れていいものかも確認しましょう!

さらに、上記の3つの中でも特にウイルスや菌の対策に効果が高い消毒ができるアイテムを見分けるポイントを2つご紹介します。

①エタノールの濃度をチェック

エタノールとはエチルアルコールと呼ばれるアルコールのことで、消毒剤としてよく使われる成分です。

エタノールの消毒に適切な濃度が、76.9〜81.4vol%(※)

濃度が高いから良いということではなく、もっとも効果が発揮されやすい適切な濃度がこちらです。パッケージに上記濃度の記載がありますよ。

※参考:エタノールの殺菌効果の最適濃度範囲 日本薬局方(局方)

②商品の分類名をチェック

薬のパッケージを見ると、第1類、第2類など分類分けされていますよね。

手指の消毒なら、基本的には『第3類医薬品』または『指定医薬部外品』として販売されているものを選びましょう。こちらも、パッケージにその旨記載がありますよ。

手指消毒剤を選ぶなら、上記の条件をクリアしていることはもちろん、プラスアルファでメリットがあると◎。そこでおすすめなのが、保湿成分配合でふんわり良い香りがする手指消毒ジェル『ステア®ジェル』なんです。

最適濃度でしっかり消毒!ステア®ジェル

写真左から、『リフレッシュアロマ(柑橘系)』、『リセットアロマ(ミント系)』、『リラックスアロマ(ラベンダー系)』。

ステア®ジェルは、べとつかずサラっとした使い心地で、保湿成分も配合されています。

また、天然アロマオイルを使用しているのも魅力

●グレープフルーツなどの柑橘系が爽やかな『リフレッシュアロマ』
●ペパーミントなどの爽快なミント系の『リセットアロマ』
●ラベンダーなどが合わさったやさしい香りの『リラックスアロマ』

の3種類があり、消毒しながらふんわりと心地のいい香りに包まれます♪

水なし、タオルなしでも、手を清潔にできる

これ1本あれば、水やタオルを使わずに、気になったときにすぐ手を清潔にできるのがポイント

外出先で「手を洗う場所が見つけられない」、「いろんな人が触るところが気になる」という場合でも、持ち運びに便利な小さいサイズのステア®ジェルにお任せです♪

ジェル状だから、たれにくく使いやすい

ステア®ジェルは、ゲル状なのも特長です。

消毒液を手のひらに取ろうとすると、ビシャビシャして手からこぼれてしまい適量をうまく取れなかったり、床が濡れてしまうことがあります。しかし、ゲル状で手から落ちにくくなっているため、前述したような使う際のストレスを解決してくれるんです。

お子さんでも液をしっかり手のひらに乗せられて消毒しやすくなっていますよ♪

最適濃度のエタノールで消毒◎

左が消毒前、右が消毒後。パームスタンプ法により、手のひらの汚染度を調べた。約2mLのステア®︎ジェルを使い消毒前後の汚染度判定を行い、比較した。(川本産業調べ)

上記の画像から、消毒前の手には、雑菌がたくさんいますが、消毒後は雑菌が少なくなり、キレイになっていることが分かりますね。

ステア®ジェルは、効果が一番発揮される最適濃度のエタノール76.9〜81.4vol%を配合しています。さらには日本製で、病院などの衛生管理が大切な施設でも使用されているんですよ。

ステアジェル 手指消毒ジェル YE 60mL [指定医薬部外品]
商品情報をAmazonで見る

正しい消毒方法をチェックしよう!

手をふくタオルに菌・ウイルスがついていたり、手を洗う前に触った蛇口にも菌がいることもあるため、アルコールでの消毒は水と石けんでの手洗いのあとに行うのも効果的。また、アルコールで手を消毒することは医療施設では基本とされているんですよ。

しかし、正しい方法で消毒ができてなかったら意味がありません! ステア®ジェルを使った正しい消毒方法を確認しましょう。

アルコールでの正しい消毒方法

<STEP1.>
ジェルを適量手のひらにとります。

目安としては、ステア®ジェル300mLサイズなら1プッシュ。60mLサイズならだいたい500円玉程度をとりましょう。

<STEP2.>
ジェルを左右の手の指や爪の間にすり込んで、手のひらになじませていきます。

<STEP3.>
手のひらと、左右の手の甲にもしっかりすり込みましょう。

しっかりと手にすり込むことで、消毒効果が発揮されますよ。

<STEP4.>
指の間にもすり込みます。左右の親指も忘れずにしましょう。

<STEP5.>
最後に、左右ともしっかりに手首まで十分にすり込んだら完了です。

ステア®ジェルは手指によくすり込んで乾いてきたら、天然アロマオイルがふんわり香ります♪ もちろん水で洗い流したり、タオルで拭いたりする必要はありません。

ステアジェル 手指消毒ジェル PU 60mL [指定医薬部外品]
商品情報をAmazonで見る

正しい消毒方法で、いつも清潔に!

手指消毒が重要とわかっていても、製品選びや使用方法が誤っていると菌をしっかり消毒できてないかもしれません。

ステア®ジェルなら、手軽なケアですぐれた消毒効果が期待できますよ。

いつでもどこでも気になったときにステア®ジェルで清潔に過ごしましょう♪


LIMIAからのお知らせ

ポイント最大43.5倍♡ 楽天お買い物マラソン
ショップ買いまわりでポイント最大43.5倍!
1,000円(税込)以上購入したショップの数がそのままポイント倍率に!

  • 12189
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

気になるその手の細菌やウイルスをすばやく消毒します。「生活の木」の天然アロマがふんわり香ります。リフレッシュ(爽やかな柑橘系の香り)、リセット(すっきりとしたミ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード