和室感を消したい!ベニア板で天袋の扉をリメイク♬

少しでも広く見せたくて、リビングとの仕切りのふすまを外しているので、リビングから丸見えな我が家の和室。
リビングは少しずつ手を加えてきましたが、和室は手付かず💦
子どもの勉強机を置いてるいることもあり、生活感が気になっていました。

和室を改造するべく、まず目をつけたのがふすま!!
前回は押入れのふすまリメイクを終え、今回はその上の天袋もリメイクが完成しました(*^^*)

ビックリする程雰囲気が変わりましたよっ♬

  • 36592
  • 147
  • 2
  • いいね
  • クリップ

完成したリメイクはこちら♪

押入れと天袋が、木製の扉っぽくなったでしょうか!?

押入れ部分のリメイクの詳細は、こちらに↓↓↓

押入れのふすまリメイク後、天袋はどうするか、デザインを迷って、作業が止まっていました💦
テイストは揃えつつ、全く同じじゃないのがいいなぁと思い…さらに今ある材料を見渡すと、ホームセンターで同じ幅に切り揃えたベニア板が、長さはバラバラで残っているのを見て、ひらめきました☆

これこれ!
以前、踏み台をリメイクした時の『端材でパッチワーク風』
こんな風にしてみよう╰(*´︶`*)╯♡

デザインも決まりました。
作っていきましょう!!

枠を作ります

まず、周囲をフレームのようにしたい!と思い、『ソーガイド』を使って45度にベニア板をカット!

この『ソーガイド』を使うようになり、素人ながらDIY の幅が随分広がったように思います!
普段は主に真っ直ぐにカットする為の道具として使っています。

何故、わざわざ45度にカットするのか??

右側90度で組んだ枠より、左側45度で組んだ枠の方が、バランス良くカッコよく見えるんです!!

枠が完成しました。(ペイント済みの画像しかありませんでしたが、まだこの段階ではペイントしません💦)

天袋の扉部分と同じ大きさにしたベニア板(厚さ2.5mm)の上に枠を置き、次はこの枠の中を埋めていきます!

☆ポイント☆
2枚の扉のふすまの大きさは違います!
採寸の際、ご注意ください。
詳しくは、1番上に貼り付けたリンクの中の『採寸の注意点』をご覧ください。

枠の中をパッチワーク風に!

10cm幅にカットしたベニア板(厚さ2.5mm)を、長い物や短い物を組み合わせ、パッチワークのように枠の内側を埋めていきます。

このように、全部埋まりました!
仮置きです。

ベニア板の色が少しずつ違うのは、買う時にわざと違う色目の物を選びました。裏側が綺麗な場合は、敢えて裏側も使っています。
そして、隣の色と被らないような配置にしています。
木の色目の違いで、ペイント後も様々な表情が出るんです!!

ペイントをする為に、一度バラバラになるので、裏に番号を書いています。
ペイント後に番号通りに置けば、仮置きの時の配置に戻ります。

ペイントする

使った塗料は、ワトコオイルのミディアムウォルナットです。

一種類の塗料なのに、色の違いがよく出ています(о´∀`о)

接着・固定

ボンドを付けて、接着していきます。
下の写真のトラックとピアニカは、重りです(笑)
ベニアの反り返りなどあったりするので、重りを置きながら進めるといいと思います!

しっかり接着する為に、更に小びょうを打ちました。

小びょうとは、小さい釘の事です。
我が家にあった6mmの物を使いました。
ヘッドも小さく、離れて見たらほとんどわかりません。

とても小さいので、ピンセットで持ちながら、トンカチで打ちます。

これで、接着完成!
後は天袋の扉に取り付けます。

天袋の扉に取り付ける

白い○の部分(四隅)をビスで留めます。

取っ手(セリア)を両側に付けます。バランス的には端っこ過ぎる気がしますが、取っ手を付ける場所は、必ず扉の枠の部分にしましょう。少しでも内側に入ると、紙の部分になるので、取っ手が外れてしまいます。

ちょっぴり装飾

茶色一色なのがちょっと寂しく感じたので、黒をプラス!

黒板塗料で作ったガーランドと、ちょこっとステンシルを加えました。(まさか、脚立に乗ってステンシルするとは!?笑)

簡単なガーランドの作り方はこちらに↓↓↓

完成〜!!

押入れ+天袋のふすまが、木製扉風に変身!!
子どもたちも気に入ってくれました♬

今後も、少しずつ和室の改造を計画中です。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます♡

  • 36592
  • 147
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

夫とこども3人の家族5人でマンション暮らし。子育てと家事と仕事の合間に、チマチマとお家いじり中です♫主婦目線で、お金をかけ過ぎず、便利さと見た目にもこだわった簡…

おすすめのアイデア

話題のキーワード