ポリシャスってどんな植物?上手な育て方や飾り方のコツを紹介

ふさふさとした葉が特徴的で、「大切な思い出」という花言葉があるポリシャス。模様が入っているマリギナータや、幹が太いバタフライなど、種類に富んだ観葉植物です。今回は、そんなポリシャスの鉢植えでできる上手な育て方と飾り方のコツを紹介します♪

  • 16678
  • 35
  • 0
  • いいね
  • クリップ

人気の観葉植物「ポリシャス」とは?

ポリシャスには様々な種類があり、アジア、アフリカ、オーストラリア、太平洋諸島の熱帯エリアに、低木から高木まで、約100種が自生しています。

ポリシャスの「ポリ」は、ギリシャ語で数の多いことを表す言葉です。そこからも、森の中で葉が豊かに茂っている様子が伝わってきますね。

日本ではもっぱら観葉植物として鉢植えで楽しまれています。小さなものなら高さ10cm程度と小ぶりで、日本の住宅でも取り入れやすいですよ。

大きくなると2m近くまで成長するものもあります。葉の色や形にはいくつかの種類があり、白ふちで丸い形状の葉をもつもの、細いギザギザの葉がつくものなど多様です。

ポリシャスを育てる6つのポイント

ポリシャスはうっそうと木の茂る森の中で育つ植物。原産国と同じような環境で育てなければいけないというイメージを持った方も少なくないはず。
そこで、ポリシャスを上手に育てるコツや、注意点をポイントごとに紹介します。

ポイントを参考にして、すてきなポリシャスを育ててくださいね!

ポリシャスのお手入れ道具

ポリシャスを育てるためには、お手入れ道具が必要になります。まずは「ジョウロ」「霧吹き」「枝切り用のハサミ(剪定バサミ)」「液体肥料」の4つを用意しましょう。

ポリシャスは人気の観葉植物のため、ネットショップやお花屋さんで植木鉢入りの商品が販売されています。ポリシャスを購入する際に、道具も一緒にそろえるとよいでしょう。

また挿し木や植え替えのときにも別の道具が必要になります。必要なときに、あらためて用意しましょう。

1. 水やりは季節に合わせて

年間を通して、土が乾いてきたら水をあげるようにしましょう。特にポリシャスが生長している間は、土の表面が乾燥したら、鉢底から水が流れ出る位たっぷりと水やりをするようにします。

冬場は土が乾燥して数日たった頃に水やりをしてください。あまり多く水やりをしてしまうと、根腐れの原因になってしまいます。

季節の違いだけでなく、エアコンの使用頻度でも水やりのタイミングが変わるため、日々様子を見て適切な量の水やりをしましょう。

2. 霧吹きで葉を湿らせる

葉が乾燥すると、害虫であるハダニが葉裏につきやすくなります。葉に霧吹きで水をかけてあげると、ハダニの予防に効果的です。

霧吹きで葉に水をかけることを「葉水」といいます。この葉水を定期的に行うことも大切なポイントのひとつ。

水やりとは別に、定期的に葉の表面を濡らしてあげてください。

3. 真夏の直射日光は避ける

ポリシャスは室内の明るさでも十分育ってくれる観葉植物です。

逆に、真夏の直射日光は苦手。カーテン越しの日光に当てるか、あまりに日差しが強いようなら、窓から離れた家の中や奥のほうに置きましょう。

葉の勢いが弱く、ポリシャスの特徴であるたっぷりとした葉が茂らないときは、日光不足も考えられます。その場合は、レースのカーテン越しに日光に当てると良いでしょう。
※いきなり日に当てると葉が変色します。次第に、元気な葉が茂るようになってくるでしょう。

4. 栄養剤のあげ方

ポリシャスは春から夏にかけての成長期にグッと大きくなります。そんなとき、適切な栄養剤を与えることで成長の手助けができますよ。

おすすめの栄養剤は、緩効性の化成肥料。土の上にまいて水をあげるだけで、栄養が根に染み込んでいってくれる優れものです。

成長期には、1か月に1回程度の頻度で栄養剤をあげるのがおすすめですよ。

5. 冬場の温度管理はしっかりと

環境変化に強いポリシャスの弱点が、寒さです。15℃を下回るとしおれてくることもあるため、冬場の寒い時期でも10℃以上を保つようにしてください。

暖かい部屋の中で育てていても、夜間は冷え込んでしまいます。温度が下がりやすい「窓際」「玄関」「廊下」などに置くことは避けてください。

冬場はいつも人がいて暖かいリビング、夜になっても調理の熱が残りやすいキッチンなど、寒くならない場所に置きましょう。

6. 剪定にぴったりな時期

ポリシャスは比較的成長の早い植物です。室内で育てていてあまり大きくなっては困るという場合には、剪定して大きさを整えましょう。

剪定に適した時期は夏の前、5~6月です。多少短く刈り込んでも、すぐに伸びて形が整ってくるでしょう。夏のうちに形を整えておくことで、成長が緩やかになる冬場にもきれいな姿のポリシャスを長く楽しめます。

また葉が密集しすぎると風通しが悪くなってしまい、根腐れや害虫を呼び込む原因となることも……。大きさが気にならない場合も茂りすぎているようなら、思い切って短く刈り込んでしまいましょう。

幹から出る細かい芽や、交差している枝、枯れている枝、黄色く変色した葉などをもきれいに切っておくと、見栄えもよくなりますよ。

ポリシャスは挿し木で簡単に増やせる!

ポリシャスは、挿し木で簡単に増やせます。剪定した枝を使うこともできるため、挿し木用に長めに剪定しておくと使いやすいですよ。

挿し木や大きくなったポリシャスの植え替え方法のポイントを紹介します。ポイントを押さえて、挿し木にチャレンジしてみてくださいね。

挿し木のポイント

10~15cmほどの長さに切った枝の、半分より切り口側にある葉をすべて取り除きます。植木鉢に敷き詰めた挿し木用の培養土や赤玉土に、枝を半分ほど挿しましょう。

たっぷりと水をあげて、土が乾燥しないように日陰で管理してください。4~6週間経ち、根が育ってきたら、今度は大きな鉢に植え替えましょう。

新しい鉢にポリシャスがなじんだら、いつも通りの育て方で育ててくださいね。

植え替えのポイント

ポリシャスの植え替えを始める前に必要な道具をそろえましょう。最初に「今よりも一回り大きな鉢」「鉢底ネット」「鉢底石や軽石」「観葉植物用の培養土」「ハサミ」「支柱(背丈が1m以上の場合)」「ゴム手袋や軍手」「ビニールシートや新聞紙」を用意します。

まず、水やりを控えて土を乾燥させましょう。土が乾燥したら、植木鉢から苗を抜き取ります。

根についた土を手でほぐして落とし、根の先端が傷んだり黒ずんだりしている場合はハサミで切り落としてください。葉が茂っていれば、それも取り除きましょう。

植木鉢に鉢底ネットと軽石を敷き、観葉植物用培養土を1/3〜1/2ほどまで入れます。苗を鉢の中心に仮置きし、鉢の縁から3〜4cm下にくるように高さを調整してください。

根の隙間までしっかりと土を入れて苗を固定していきます。背丈が高い場合、支柱を挿して枝とひもで結びましょう。

たっぷりと水やりをしたら、植え替えは終わりです。今までと同じ環境で育てていきましょう。

おすすめの挿し木や植え替え時期

挿し木や植え替えにに適している時期は、ポリシャスの成長期である春から夏にかけてです。
とくにおすすめなのは5~6月ごろ。

この時期に植え替えておくと、根の育つタイミングがポリシャスの大好きな高温多湿の真夏と重なるので、成長が一段と早まるでしょう。剪定に適しているのも同じ時期のため、剪定した枝をそのまま挿し木に利用するのにもぴったりですね。

ポリシャスを空間のアクセントにする方法

ポリシャスの茂った葉は、工夫次第でインテリアや贈り物になりますよ。剪定した枝を使ったアイデアも紹介します。

アレンジ次第で空間のアクセントになるポリシャスを、もっと楽しんでみませんか。

剪定した葉でフラワーアレンジメントを楽しめる

レース状に広がるふんわりとした印象のポリシャスの葉は、フラワーアレンジメントの花材として使われることもあります。伸びすぎて剪定した枝葉をすぐに捨ててしまわずに、花瓶に挿して飾ってみましょう♪

豊かに茂るやさしいグリーンは、さまざまな花と相性抜群です。ブーケにすると縦のラインの切り花が上手にまとまり、おしゃれな仕上がりになります。

枝ものなので、水に挿しておけば長く持ちますよ。季節の花と一緒に生けて、お部屋を豊かに彩りましょう。

また、ポリシャスの花言葉は「大切な思い出」。記念日の贈り物に添えてもぴったりですよ。

爽やかな香りとフリル状の葉で生垣を作る

ポリシャスはフリル型の葉がふさふさと茂る様子が美しいだけでなく、目隠し代わりにもなる優れものです。そのため、原産地では、家の周りに植えて生垣として活用することも。

上手に剪定していけば直植えでも大木にはならず、1mほどの高さで収まるようです。

また、ポリシャスの葉には独特な香りがあります。爽やかな香りがすがすがしい気分を誘います。いい香りの生垣に家を囲まれているなんてすてきですね。

【インテリアに人気】観葉植物ポリシャスおすすめ3選

ポリシャスには丸葉が特徴的な「スーパームーン」や小さな葉がチョウの羽ばたきにも見える「バタフライ」など、たくさんの種類があります。置く場所や育てる環境によってお好みのポリシャスを選べますよ。

ここからは、インテリアに花を添えてくれるポリシャスを紹介。話題の人工土「ハイドロカルチャー」を使った室内でも清潔に育てられる商品もピックアップ♪

興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

大きく丸い葉が特徴のポリシャスフリスビー

観葉植物:ポリシャス・フリスビー きらめき*
商品情報を楽天で見る

光沢のある大きい丸い葉が特徴のポリシャスフリスビーのまだら入り品種です。厚みのある丸い葉はお皿の代わりに使われることもあり、カップリーフと呼ばれることも。

かわいらしい丸い葉はインテリアにも合わせやすく、ポリシャスの中でも人気がありますよ。

ハイドロカルチャーで楽しむマルギナータ

ポリシャス マルギナータ(外白斑) ハイミニ苗 3号 9Φ 観葉植物/ハイドロカルチャー/水耕栽培/インテリアグリーン
商品情報を楽天で見る

人工土「ハイドロカルチャー」を使って、ポリシャスを育てる商品です。「ハイドロボール」という粘土を高温で焼いて発泡させたボール状の石を使うことで無菌状態保ってくれるため、室内でも清潔に育てられます。

水やりの調整がしやすく植物の成長が緩やかになるので、インテリアとして部屋にポリシャスを置きたいという方におすすめですよ。

インテリアにおすすめのポリシャスバタフライ

ポリシャス(バタフライ) 上質なプラ鉢に植えた タイワンモミジ Polyscias・東南アジア・ポリネシア ウコギ科・ポリスキアス・紅葉・ポイント消化・観葉植物・送料無料 白色セラアート鉢・鉢・鉢植え・苗
商品情報を楽天で見る

チョウが羽ばたいているように見える、かわいらしい葉が特徴の品種です。お部屋に飾るとやわらかな印象を与えてくれます。

白い植木鉢に鮮やかな緑が映えて、見る人を和ませてくれますよ。存在感のあるサイズなので、カフェやオフィスに置いてもおしゃれです。

ポリシャスの葉水にぴったり!おすすめ霧吹き10選

ポリシャスがハダニの被害を受けないためには、霧吹きで葉をこまめに濡らして予防することが大切です。お手入れ道具をいちからそろえるなら、おしゃれな霧吹きを選んでみませんか?

LIMIAでは、インテリアとしても活用できるデザインの霧吹きを紹介しています。こだわって選んだ霧吹きを使うと、観葉植物のお世話がより楽しくなりますよ♪

ポリシャスで癒やしの空間を作ろう♪

鮮やかな緑色の葉が豊かに茂るポリシャスは、フラワーアレンジメントに活かすことで人の目を楽しませてくれます。また部屋に飾ることで、インテリアのワンポイントとして癒やしの空間作りに一役買ってくれますよ。

育てやすく人気の観葉植物ポリシャスを、ご家庭で育ててみませんか?


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 16678
  • 35
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード