アンティーク家具が映える戸建リノベ[2×4]

もともとの2×4の家に開口部分が多すぎて

お気に入りのアンティーク家具を配置する場所が少なかったというご夫妻。

構造計算をしたうえで扉や部屋のサイズを適切なものにし

家具を置くスペースを与えました。

キッチンは広々としたアイランド型。

家事動線の効率化やインテリア

子供のことなどたくさんの夢を詰め込んだ空間が実現しました。

  • 2441
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

回遊動線を実現したアイランドキッチン

キッチンの奥にワークスペースを設け、キッチンをアイランドにすることで 回遊出来る動線を確保しました。

機能的なワークスペース

ワークスペースは 雑誌や資料などを広げたままで料理に戻ることが可能。

造作家具

壁面の家具は全て造作。アンティーク家具とも相性の良いデザインの白い扉で統一しています。

窓辺に作ったウィンドウソファ。
家事の合間にちょっと座るのに便利です。

動線沿いに設置した収納

動線沿い設置された玄関収納は子供の上着やおもちゃ、レジャーの道具や習いごとの道具などを置くのにとても便利。帰ってきたときや出かけるとき、通り抜けながら荷物を置いたり準備したり出来ます。

開口のサイズを見直しアンティーク家具を置く場所を設けました

LDKを繋ぐ開口が広く、お気に入りのアンティーク家具を置く場所に困っていた施主様。開口の大きさを見直すことで家具を置くスペースを設けました。

グリーンのランプも家具とお似合いで良く映えます。

  • 2441
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

GLADDEN(グラデン)は、北摂、阪神間、神戸を拠点に、マンションリノベーションや2×4リノベーション、モールディングリノベーションを行う建築デザイン会社です…

おすすめのアイデア

話題のキーワード